チベット体操 呼吸にイメージを重ねる

「呼吸法の時には、『息を吸うこと、吐くこと』を意識しながら呼吸をして下さい」と、よくお伝えしています。

『意識する』をしながら、今度は『イメージする』を重ねてみましょう。

息を吸う時には「吸った空気が、手の指先、足の指先までしっかりと行き渡るように」

そうして息を吐く時には「イヤなこと、心配事、悩み事、怒り」をぜーんぶ吐き出すんです。

今度は「将来自分はこんな自分になりたいんだ」と、しっかりとイメージしながら息を吸うんです。

そうやって、体の中をきれいなイメージでいっぱいにしてみましょう。

急がないように、ゆっくりゆっくりと深い呼吸をしてみて下さい。

無理に長い呼吸をしようなんて思わない方が良いです。自分にとって気持ちの良い長さで良いんです。

楽な服装でリラックスして、自分のペースで、自分なりにイメージをしてみてください。

呼吸法の後、少し体も気持ちも楽になったように感じると思います。

それだけで良いですから、時間がある時に試してみてください。

そうして、その呼吸をしながら、チベット体操をしてみてください。
本当に気持ちの良いチベット体操を味わえることができると思います。


この記事へのコメント