チベット体操 やってみましょう 第1の体操

第1の体操を短い言葉で表すと

『手を水平に広げて右に回ります』

こうなります。
右に回る回数ですが、続けて3回です。
チベット体操の各ポーズの基本の回数は『3回』なんです。

今回は、2010年に書かれた記事を引用して、その後3年経って感じた事を書いていきます。

ポーズは、短い言葉通りなので、写真を見なくても誰でもその通りの動作が出来ると思います。

ご自分にとって、楽な呼吸で結構です。
例えば
•1回回る時に息を吸う、2回転目で息を吐く、3回転目で息を吸う(呼吸は逆でも大丈夫です)。
•3回回っている間、息を吸いつづける(吐きつづける)。
こんな感じで、ご自分の体に合わせて呼吸をしてみてください。

あっと言う間に第1の体操は終わりますが、それでいいんです。

チベット体操は、筋肉を鍛えるトレーニングと思わないで下さい。
「じゃぁ、どういう体操なんですか?」
と、質問があると思いますので、このように思って下さい。

「チベット体操は、体の中にある大きなツボ(7つあり、本にはチャクラと書かれています)を刺激するのが目的です。その7つのチャクラが正常に働くようにするのがこの体操だと思って下さい。」

このツボ(チャクラ)というのは、目では見えないものですから、『そういうもの』だと思っていただければ良いのではないかな?と、私は思います。

ただ、私たち日本人にとっては、色々な場面でこのツボは身近な存在だと思うので、そんなに違和感は感じないのではないかな?と思っています。

ちなみに、チャクラというのはヒンディー語で、『回るエネルギーの輪』と和訳される時もあります。

第1に体操は、この回転を一気に上げる と本には書かれています。

この記事へのコメント