チベット体操 今日は第3の体操

第3の体操を短い言葉で表すと

『立ち膝で状態を後ろに反らせます』

こうなります。

今日も2010年に書かれた記事を引用して、その後3年経って感じた事を書いていきます。


昨日の第2の体操でも書きましたが、ポイントはやはり呼吸です。

チベット体操は、呼吸に合わせて動作を行います。

「息を吸う、息を吐く、息を吸う、息を吐く」
 
これに合わせて

「立ち膝の状態で鼻から息を吸う、あごを胸に付けて口から息を吐く、鼻から息を吸いながら体を反らせる、口から息を吐きながら元の姿勢に戻ってくる」

と、このような動きをします。
ですから、呼吸がゆっくりだと動きもゆっくりになります。

『若さの泉•5つのチベット体操(英文の原書を翻訳した本です)』には、「リズミカルな呼吸をしなさい」と書かれています。

先ほど書いた「息を吸う、息を吐く、息を吸う、息を吐く」このリズムを保つ事が『リズミカルな呼吸』だと私たちは考えています。

もう一つ大事な事は、『気持ちの良い長さの呼吸をすること』です。

これは、人それぞれで違います。見つけ方は簡単です。
色々な長さの呼吸をしてみることです。メトロノームでも良いし、時計の針(音)を使っても良いです。カウントを数えながら呼吸を繰り返してみる事です。

リズミカル『周期的でこころよい調子』での呼吸が出来るようになります。

その呼吸で、先ほどの動作をしてみて下さい。
この第3の体操は、一番この『気持ちの良い呼吸での体操の動作』がし易いと思います。
ご自分の体に合った、チベット体操というのが理解できると思います。


この記事へのコメント