チベット体操 さあ第5の体操です

チベット体操 今日は第5の体操

第5の体操を短い言葉で表すと

『お尻を持上げて逆V字をつくります』

こうなります。

今日も2010年に書かれた記事を引用して、その後3年経って感じた事を書いていきます。

スタートの姿勢は、2010年の記事で確認をしておいてくださいね。
やはり、まずは呼吸を確認しておきましょうね。

「息を吸う、息を吐く」

これに合わせて

「鼻から息を吸いながらお尻を持上げていく、口から息を吐きながら最初の姿勢に戻る」

これで一つの動作が終わります。

簡単なように聞こえますね。でも、ここからが大切です。

もう少し細かな動きを書いてみますね。

「鼻から息を吸いながらお尻を持上げていく」この時に、肩はできたら腕のラインと背中のラインが真っすぐになるように(肩を入れると言ってますが)します。

一方で、かかとは床に着かなくてもいいですから、ゆっくりと下ろして(床に近づけて)みましょう。足の裏の筋が伸びるのを確認しましょうね。

プラス、(息を吸いながらですよ)手のひらで床をしっかりと押さえつけましょう。一方で足ですが、今度は指先でしっかりと床を押さえつけます。

今度は、「口から息を吐きながら最初の姿勢に戻る」この時には、お腹をしっかりと凹ませて息を吐いて下さいね。

プラス、(息を吐きながらですよ)スタートの姿勢に戻った時に、手のひらで床をしっかりと押さえつけます。一方の足は、指で床を押さえつけます。

気がついた方も多いと思いますが、実はこの第5の体操でも筋肉の動きを伴わない『静的緊張』をしているんです。

第4の体操の『静的緊張』との違いは、息をしながらの『静的緊張』です。

『若さの泉•5つのチベット体操(英文の原書を翻訳した本です)』には、アイソメトリックス運動という言葉が出てきます。ネットで調べてみると、アイソメトリックス運動というのは、息をしながらの筋肉の動きを伴わない『静的緊張』と書いてあるので、この第5の体操の緊張が本来のアイソメトリックス運動なのだと思います。

この『静的緊張』をする長さですが、色々な長さの緊張を試してみてください。
1でもいいし、1,2でもいいし、1,2,3でもいいです。

ただ、余りに短いと「あっという間」に終わります。
余りに長いと、「きつくてきつくて」たまりません。

ご自分に合った長さを見つけてくださいね。

第5の体操まで説明をしてきましたが、いかがでしたか?

経験者の方は、今までご自分でやっていたチベット体操と比べてみてどうだったでしょうか?

私たちは、私たち独自の特別な事をしている訳ではありません。
『若さの泉•5つのチベット体操』に書かれていることをしているだけです。

本が手元にある方は、一度読み直してみるのも良いと思います。

この記事へのコメント