チベット体操 まず息を吐いてみましょう

呼吸法呼吸法とよく書きますが、『呼吸法』と言われると、『息を吸うこと、吐く事』どっちが大事だと思いますか?

変な質問ですが、『息をしっかりと吸おう』と思われる方が多いのではないでしょうか?

「私は息はしっかりと吸うことは出来るんですが、吐くのは苦手なんです」

って方もいらっしゃいます。

私たちは呼吸をする時には『息を吐く事から始めます』。

それは、息を吸う準備だと思って下さい。息を吸った時に空気が入る場所を作っておくという方が正解かも知れませんね。

深い呼吸をする時も同じです。

まずはお腹の中の空気をしっかりと吐き出してみてください。その後は、「しっかりと息を吸おう」なんて思わなくても大丈夫です。

お腹をリラックスしておけば、勝手に空気がお腹に入ってきます。
息を吐いただけはしっかりと入ってきています。後は、自分で気持ちの良い吐き方を見つければいいんです。

そんなに難しく考える必要はないんです。
美味しく食事をしようと思えば、お腹をすかしておく必要があるのと同じです。

そんな呼吸をしながら、ゆっくりと体を動かせてみてください。
同じ動作なのに、今までとは違う感覚を体が感じると思います。

この記事へのコメント