チベット体操 チベット体操をお伝えするということ

私たちは、このブログの中でも講座の中でも「チベット体操をお伝えする」と言っています。

それには理由があるんです。

「教える」と「お伝えする」とは意味が違います。

例えば10×10=100のように、答えがちゃんと出るものは「教える」ことは出来ると思います。

同じように、チベット体操の5つのポーズのやり方なら「教える」ことは出来ます。

教わらなくても、本を読めばやり方は書いてあるので出来るんです。その体操に自信がもてるかどうか?は別ですけどね。

でも、今私たちがやっている体操は、それだけではないんです。

例えば、呼吸法にしても、丹田呼吸法から始まっていますが、吐き方、吸い方が最初とは少し違います。
食事は?というと、始めた11年前とは違っていますし、食べ方まで考えた食事の仕方をしています。
同時に、自分の体もここ数年間で、最初とはまた違ってきているんです。

チベット体操の5つのポーズは同じなのですが、目に見えないところでの内容が、最初とは違っているんです。
「その体操を続けるとこうなりました」という結果が、人によって違うんです。

そんな状況の中では、「こうしたらこうなりました」と、「お伝え」することが一番理解をしていただけるものだと私達は考えているんです。

まだまだ、私も変わるし、細かな内容も変わっていくような気がしています。

この記事へのコメント