チベット体操 チベット体操の味わい方

4年前に種を蒔いたアスパラガスが順調に育ち、三月中旬から収穫できるようになった。収穫と言っても、週に一度くらいの間隔で6~10本くらいで量的には多くはない。

「アスパラガスは肥料をたくさん食うぞ」

と農家の人に言われたが、自分達が食べるだけだから、土の栄養を吸って、出てくるのを感謝していただくだけだ。
アスパラガスの味わい方.jpg
しかし、こだわりはあって、種を蒔いて以来続けていることがある。

脱化成肥料と無消毒だ。

これは畑全体に言えることで、これだけは続けている。

じゃあ、土はどうやって作っているか?というと、畑から出た物は全て畑に戻している。好き放題伸びる草、垣根の剪定をした枝とか、ついていた葉っぱとかも畑の中に入っている。

面白いもので、土のカサが増えてきたような気がする。

そうして4年、やっと太いアスパラガスが食べられるようになった。
種から蒔いて、長い時間をかけて、やっとここまでこれた。

とても贅沢な楽しみ方をしているような気がする。

きっと、チベット体操もそういう楽しみ方ができる健康法なんだろうなと思う。

種を蒔いて、毎日15分間自分の体と向き合えば良いのだ。
サプリメントなんかいらない。特別な物は何も必要ない。
深い呼吸をしながら、静かな時間を過ごせば良い。

長い時間をかけて、そこで待っているのは、種を蒔いた時とは違う自分だ。

これが美味しいチベット体操の味わい方だと実感している。

この記事へのコメント