チベット体操 最初はやっぱり呼吸法

広報浜松で募集をしていた『ゆたか緑地』でのチベット体操教室が始まりました。

1年ちょっと前に5名くらいで始まったチベット体操教室ですが、教室の度に参加者が増えて、今回は15名になりました。

人数が多い方が良いとは思っていないのですが、とても嬉しいです。

6回シリーズの初回は、いつもご自分の『今どんな呼吸をしているか?』を確認してもらっています。

どこで呼吸をしているか(胸とかお腹という意味です)?
どのくらいの息の長さで呼吸をしているのか?
どのくらいの長さの呼吸が、自分には一番気持ち良く感じられるのか?

普段から自分の呼吸など関心がない方が多いので、言われてやってみると「なるほど、今まで何にも意識をしてこなかったなぁ」と、感じる方が多いんです。

それと、自分にとって『一番気持ちがよく感じる呼吸の長さ』も、言われてやってみて初めて実感できるのではないかな?と思います。

声をかけている私の立場からすると、いつも同じ結果を目の当たりにします。

人それぞれで、気持ちの良い呼吸の長さって違うんです。

これは、とても大切なことなんです。

息を吸う、吐くだけでも人それぞれで違う訳ですから、「体操の動作がこうでなくちゃいけない」というのは、それ自体が無理があると思います。

人それぞれ、違ってて良いんです。

それを前提として、自分の体にあった体操をお伝えしたいと思っています。


この記事へのコメント