チベット体操 やっとわかりました

毎日約1時間EC672798-C592-42E3-A78A-9EE0942B3B70.jpgのマルチコプターの飛行練習をしています。

約10分のフライトを3回、実質の飛行時間は30分くらいです。

趣味で飛ばす訳ではないので、機体、バッテリーのメンテナンスも兼ねています。

そんな中で、小さなことなのですが、理解出来たことがありました。

レバーを押さえる指の位置です。

機体等の引き渡しの際に、名古屋から来ていただいて、取り扱いの講習を5時間近く受けました。

その中に、操作コントローラーの持ち方、レバーの押さえ方もあったんです。

「レバーを親指のこの辺りで押さえて下さい」

と、細かな事ですが、教えてくれました。

私は、小さなマルチコプターを二機つぶしているので、自分なりにはかなり工夫をして、現在の押さえ方になったつもりでいました。

その後、一人での練習飛行となり、先日書いたような事を意識しながら練習しを繰り返しています。

マルチコプターの操作は、レバー二本で行うんです。

前後左右、それを組み合わせて、四角から円を描くように。

それができたら、今度は上下が入ってきます。

そこで、いつの間にやらスピードが出てしまっているんです。

なんとかスピードをコントロールできるようになった時に、ハタと気がつきました。

レバーの押さえる位置が、教えてもらった場所になっているんです。

そう、ちゃんと上手く操縦ができるように、一番最初に親切丁寧に教えてくれていたのに、その事が理解できていなかったんですね。

まだまだ、そのレベルまで自分が行ってなかったかという事だったんです。

今度お会いした時に、しっかりとお礼と経過報告をしてきたいと思っています。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック