チベット体操 しっかりと両足の指で掴(つか)むように立っている

先日のネットでチベット体操を受講された方から、こんなコメントを頂いていました。

最近は、身体のバランスが良くなってきたのを感じています。私は普段、無意識に左足の踵に体重をかけてしまっているため、長く立ったり歩いたりしていると、踵が痛くなっていたのですが、先日、ふと気が付いたのです。両足の指でしっかり床を掴むように立っていて、ふくらはぎにも程よく緊張感があり、そういえば、踵が痛くない!と。驚きました。本当に嬉しいです。ありがとうございます。

嬉しいことに、いろいろな報告をいただくのですが、このような報告は初めてでしたので、皆様にシェアしたいと思い記事にします。

チベット体操と、骨盤の動きを意識した丹田呼吸も、ずっと続けてくれています。

自分では知らないうちに、身体が少しずつ変化をしてきているのだと思います。

第4,5の体操でも緊張をお伝えしていて、足の指先がしっかり床を感じるようにもお伝えしています。

そういう細かなことが積み重なって、連絡をいただいたような

『しっかりと両足の指で掴(つか)むように立っている』

ことにつながっているのだと思っています。

本当に嬉しい報告でした。

ありがとうございます。

感謝するのはこちらの方です。
足.jpg
自分の足も時々さわってあげようね。

この記事へのコメント