チベット体操 体が変化することを焦らないことです

2008年4月から始まった、とある講座でのお話です。

この講座は、私の講座では珍しく週に一度の講座です。

ここに、最初から受講していただいている女性がいらっしゃいます。半年後、お姉さんも一緒に受講していただけるようになりました。

年齢は、当時60代後半、お姉さんは70代になったばかりでした。

最初、1年くらいは「わからない、難しい」というのが口癖のようだったのですが、そのうちに何も言わなくなりました。

その代わり、おばあちゃんおばあちゃんしていたお顔が、どんどんとお若くなるのがわかりました。

お姉さんの方は、2年前には、ご主人と二人でニュージーランドをレンタカーで一ヶ月くらい旅行して周ってくるぐらいお元気で、気持ちが積極的な生活をされています。

そうして、7年と半年過ぎて、妹さんは70代半ば、お姉さんは70代後半になられました。

先週の日曜日にあった講座に、娘さんが同居しているおばあちゃんを連れてきてくれました。

「このままじゃどんどん体が動かなくなるので、私が無理無理連れてきたんです。」

というお話をしてくれました。

年齢をお聞きしてびっくりです。

75歳ということでした。

私の75歳の女性のイメージは、先ほどのお二人のイメージだったんです。

この時に、先ほどのお二人が『どれほど若さを維持しているのか』をはっきりと確認することができました。

もっと驚くことがあります。

このお二人は、毎週1回の体操講座を受講した時にしか『チベット体操』はしていないんです。

週に一度のチベット体操を、7年以上ずっと続けているだけなんです。

このお二人の変化を、目の前でずっと見続けてこれた私は、本当に幸せ者だと思います。

週に一度のチベット体操を7年以上続けている人なんて、滅多にはいらっしゃらないと思います。
それもお二人で、その上体操の回数は基本の3回の体操だけなんですからね。

ですから、自信を持って言えるんです。

「無理をして短く終わるよりも、無理をしないで長く続けることが大事なんです。」

体操結果を焦らないで、ゆっくりと続けていきましょうね。
水場.JPG

山を登るのも、無理をせずにゆっくりと登るのが大事です。

この記事へのコメント