チベット体操 丹田呼吸って思いの外刺激が強いんです

昨年、ネットでチベット体操講座を始めた頃に、「丹田呼吸をすると、動悸がしたりするんです。病院へ行ったら自律神経が乱れている」と言われました。

というような、ご連絡をいただきました。

その後、別の方が、腸にポリープが見つかって手術をした後退院してきて、「もういいだろう」と思って、丹田呼吸でチベット体操をしたら、その夜お腹が痛くなって、病院に行ったら手術の後のクリップが外れかけていました・・というようなお話もありました。

昨年のこんな経験から、講座内容の見直しを図ってきました。

具体的には、体をしっかりとほぐしてから、丹田呼吸ができる体を作り、その後でしっかりと丹田呼吸、チベット体操をするようにしています。

体が十分できてない状態で、丹田まで息を下ろそうとすると、やはりどこかに無理を生じてしまうんですね。

クリップが外れかけてた方は、5年以上体操を続けてくださっている方で、しっかりと丹田呼吸ができる故のアクシデントだったんです。

いずれにしても、丹田呼吸の刺激は思いの外強いんです。

初めてネットでチベット体操を受講された方は、「体操の講座の割に体操の時間が短い」と感じた方もいらっしゃるかもしれません。

でも、こんな理由があるんです。

四月からは、講座内容が少し変わり、もっと体のほぐしをしっかりとしていきたいと思っています。

ネットでチベット体操で紹介するのはもう少し後になりますが、楽しみにしていてくださいね。
雪だるま.jpg
雪だるまも第二の体操です。


この記事へのコメント