チベット体操 確実にくるものに備える

ローカルな話で申し訳ないのですが、今年は町内会(自治会)の長になり、あれやこれやと活動をしています。

その中で、今まで町内会としてしてこなかったことを始めています。

いつくるか解らない地震等の災害に対して、準備をして住民に知らせることをしています。

まず、町内の井戸を調べると、ガチャポンの井戸が2つ、100Vがあれば動くポンプの井戸が2つありました。

早速、何かの時には使わせていただけるように、お願いをしてきました。
快いお返事をいただいて、ホッとしています。

飲料水以外で、トイレ、洗濯等には使用が可能です。

私が住んでいるのは田舎ですので、お米は何とかなりそうなのですが、炊き出し等が必要な場合に備えて、農家2軒にお米を提供していただけるようにしました。

揺れで倒れる家は確実にあると思われるので、そうなった場合に避難できるように、地域内にある更地を使わせていただけるように、今朝お願いをしてきました。

そこに、これまた近所でキャンピングカーの製作販売をしている方がいらっしゃるので、3台くらい置いて、生活できるような場所を作ろうとしています。

テントを10くらいは張れそうなので、倒れてくる心配がない場所での避難が出来そうです。

他にも、簡易トイレ等の準備を始めています。

ここまでの話は、いつくるかわからない事に備えて準備をしているだけの話なんですね。

しかし、誰でも平等に確実にくるものがあるんです。

『老い』

です。

確実にくる『老い』に備えて、何かを準備していますか?

遅かれ早かれ、確実にくるんです。

こればかりは、自分で準備をするしかないんです。

今から、何か準備を始めてみませんか?
宝永火口前s.jpg


この記事へのコメント