チベット体操 富士山登頂筋肉痛なし

今期3度目の富士山に登ってきました。

選んだルートは、静岡県内ルートで残っていた御殿場ルートでした。

この御殿場ルート、駐車場がある新五合目の標高は1440mなんです。

最初の登った富士宮ルート五合目の標高は2400m,
須走ルートが2000mですので、スタートの標高が1000mも低いんです。

山頂までの歩行距離が、登り11,0キロ、下り8.5キロで、山頂まで10時間くらいかかります。

火山砂礫の中を、まっすぐに山頂を目指して、ひたすら一歩一歩歩くしかないんです。
御殿場S.jpg
富士宮ルート、須走ルートは日帰りで登りましたが、さすがにこのルートは山小屋にお世話になることにしました。

それも、一番近い(低い)山小屋です。

早朝に駐車場に着き、少し体を慣らしてから9時くらいに出発、山小屋に着いたのが夕方5時くらい。
きつかったですが、今回は高山病の頭痛も感じずに着くことができました。

夕食をいただきながら、少しずつ頭痛を感じ始めましたが、20時消灯で朝までぐっすり眠れました。

頭痛は朝食時も感じていましたが、トイレに行って出すもの出したら、すっかりなくなっていてびっくりです。

二日目、雨の中山頂を目指します。

約3時間で無事に御殿場ルート山頂に到着、雨は上がって、火口のど迫力にびっくりです。コノハナノサクヤヒメの優しさを感じました。

御殿場ルート下山の最大の特徴は、何と言っても『大砂走り』です。
一歩で3mくらい進むんです。

あれだけ苦労して登った山頂がみるみる遠くなっていきます。
普段使わないような筋肉を目一杯使いました。

無事に下山して、ホット一息。
今シーズン、県内3ルート制覇して、大満足です。

そうして翌日。

ふくらはぎに少しのはりを感じるものの、痛くて仕方がないような筋肉痛はありませんでした。

改めて、毎日15分のチベット体操での『セルフケア』の凄さを実感したのでした。

もちろん、山小屋でのチベット体操もしましたよ。第2~4の体操を二段ベッド下段の布団の上でしたけどね。第1の体操は、山頂で火口を見ながら3回回りました。

この記事へのコメント