チベット体操 焼肉食べに行くか!

お昼前に「焼肉食べに行くか!」

と、長男が言うので

「行くか!」

と、返事をした。

自分で言うのもなんだが、焼肉店なるものにここ十年以上入った事がなかった。

どうして行かなかったか?

というと、『焼肉を食べる』という選択肢がなかっただけだ。
もちろん菜食主義者では決してない。いっぱい食べようと思ったことがなかっただけだ。

今回どうして快く返事をしたかは不明だが、試してみたいことがあったのは事実だ。

『何を試すのか?』

というと、『食べ方』だ。

家族総勢10人くらいで出かけて行き、適当に注文をした。

焼きながら食べ始めたが、ご飯類は注文せずに『キャベツ少々と焼肉ばっかり』食べていた。

もっと極端に言うと、焼肉ばっかり食べることを自分の体で体験してみたいと考えて、それを実践してきた。

「おとん、よくそんなに食べれるね?」

と、長男に言われるくらいの量を食べた。

その結果はどうなったか?

お腹の加減は、自分では腹八分目位だった。

食べた後のお腹の様子はどうだったか?

もたれることもなく、眠くなることもなく、体も軽く、すこぶる調子が良くて、少したったらお腹が空いている みたいな感覚があった。

夕飯の時にはお腹はぺったんこになっていた。

このブログを最初の頃から読んでくださってる方にはピンとくるものがあると思いますが、やはり『食べ方は大事』だと改めて実感した。

結果的には、お腹に入ってきたものに対する消化液は『お肉用』だけで済んだと思われ、その結果消化に対する疲労を何も感じなかった。

翌朝の便通も順調で、しっかりとしたものだった。

今度、「焼肉食べに行くか!」とお誘いがあったら、間違いなく「行くか!」と返事をするだろう。ただ、

「おとん、ご飯も食べてよ、高くつくから!」

と、間違いなく言われそうな気がするよ(笑)。
初冬富士山.jpg


この記事へのコメント