2017年02月02日

チベット体操 Rite 儀式に戻そう

「はい、先ほどチベット体操について書かれた本というものがあるとお話をしましたが、原書のタイトルというのは『ANCIENT SECRET OF THE FOUNTAIN OF YOUTH 』というタイトルなんです。」

「古代の秘密 若さの泉 勝手に翻訳をすると、若さの泉を得るための古代からの秘密。この中に、体操という言葉で思い浮かべるような ラジオ体操のような体操はを意味する言葉は一つもないんです。」

というお話を先日記事にしました。

そうして、一つひとつの動作は『秘技』なんですよ という話もしました。
(『秘儀』って間違って書いてしまいました)

英語で書かれた原書では、ひとつひとつの動作説明は、まず最初に Rite Number One というように書かれています。

『第一の儀式』

直訳をするとこうなります。

しかし、一般の方には『とても怪しい』と思われそうで、講座、ホームページでは、『体操』というように口にしてきました。

でも、ずっとこの体操を続けてきて、

「やはりこれは秘技だ!」

と感じた時に、『第一の体操』よりも『第一の儀式』が適切だなと、改めて思いました。

実際に口に出して受講生を誘導すると、体操中の受講生の皆さんの気持ちの入れようが、以前とは違うように感じています。

少しずつですが、各ポーズを始める時には「第○の儀式」

「お伝えしているのは 秘技」

なんですよ と変えていこうと考えています。

『秘技』調べてみると、
・他の人には真似のできない奥深い技

と出てきます。

一つひとつのポーズは、それほど難しくはありません。しかし、毎日続けていくことで、自分の中で何かが起こり変化が始まる。

『秘技』、とてもすごい修行をしないと手に入れることのできない、とても遠くにあるように思われますが、実は誰もが平等に持っている身近な環境の中に存在していることに気がついたような気がします。

だからこそ「秘技」なのだと思います。
雲海2.jpg
posted by T兄さんtoT姉さん at 12:26| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: