チベット体操 教室の高齢化はとても嬉しい

月に一度第4日曜日午前10:30分から、名古屋栄の中日文化センターで『チベット体操講座』を開いています。

もう7年くらいは続いているでしょうか。

先月の講座で、嬉しい再受講の女性がいらっしゃいました。

開講当時に受講していただいていたのですが、途中からお休みをされていました。

「私もこの年齢になって、もう少し元気でいたいから再受講しました。やっぱり、ちゃんと教えてもらうのが一番いいです。」

「ありがとうございます。あの時はすごい人数でしたが、今は一番適切な人数でお伝えできます。無理をなさらないように楽しんでいって下さいね。」

「あの当時は人が多くて、手を横に広げることも難しかったものね。」

この女性、本当にお元気でお綺麗で、年齢は68歳(逆から読んでねと言うことでした
)、動作も、誰よりもしっかりと出来ていました。

きっと、少しずつでも続けてくれていたのかな?って感じました。

私の教室のでは、豊橋教室の92歳に次ぐ2番目に高年齢の受講生になりました。

その下がやはり豊橋教室の、もうすぐ80際の女性と70代後半の女性。

このお二人は本当にお元気で、週に一度の体操を10年近く続けて下さっています。どこに講座に行っても紹介をさせてもらっている、時々記事にもしているご自慢のお二人です。

こんなご高齢の方々が、回数に走るわけではなく、基本の3回の体操を、ずっと続けて下さって、それぞれにお元気になっている姿を目の当たりにしているからこそ、自信を持って『1+1=2』とお伝えすることができています。

教室の高齢化は、私にはとても嬉しくて、無理なく若返る、元気になれる『証』と思っています。

名古屋栄の教室には、開校時からずっと教室に通ってくださる方が何人もいらっしゃいます。

そんな皆さんには支えられて、ここまで来れたことが本当に嬉しいです。
IMG_3647.JPG
(写真は先日の高知での講座風景です)

この記事へのコメント