チベット体操 自分の体は自分で治す その2

12/17(日)、チベット体操講座翌日に、東京で『自分のカラダは自分で治す』ワークショップを受けて来ました。

先月に高知で受講したワークショップの上位にあるもので、どちらかというと施術家向けの内容でした。

私にはレベルが高いかな?と想ったのですが、逆に言うと、プロの方を近くで感じる事ができる講座でもありました。

内容は、一口で言うと

とてもシンプル

その全てを、今すぐ使いたい内容でした。

終わった後は、内臓すべて、ふともも、ふくらはぎ、足、肩胛骨、仙骨まで刺激して(表現が合ってないかも知れませんが)全身の血のめぐりが良くなっているんです。

この体で、いつもの筋肉のほぐし、背中のほぐし、骨盤の動きを意識した丹田呼吸をして、その後でチベット体操をしたらどうなるんだろう?

思っただけで、ワクワクしてきます。

東京から戻って来てからの講座で、取り入れる事ができるものについては、早速お伝えしています。

直ぐにできると言う簡単なものではないのですが、始める事で回数こなすことになるんです。

お伝えすることで、私の復習にもつながっているんです。

全身をカバーするまでには、半年くらいかかるかも分かりません。

でも、それができたら、より効果の出易いカラダに近付くのは間違いないです。

来年2月にも、ワークショップに参加して、より深く理解したいと思っています。

来年は、本当に楽しみな年になる予感でいっぱいです。
呼吸法東京.jpg
(写真は12/16のチベット体操講座です)

この記事へのコメント