2018年01月06日

チベット体操 若々しくいれるんだよ

お正月に高校の同窓会があり、徳島まで帰って来た。

開会直前に会場に着いて、同窓会、二次会と済ませて、翌朝には帰路に着くという慌ただしい日程だった。

何を着て行こうか?

誰もが悩むところだよね。

演出も大切だと、山ファッションで出ることにした。

ガラガラのタイツに短パンという、ちょっと地味かな?と思ったけど、いかにも山から帰る途中の雰囲気で出かけた。
じみタイツ.jpg
一人一人の近況を報告も、剣山登山の帰りだよ って冗談を言った後、富士山の話をした。
今年も富士登山を続けて、4回登りたいと思っていることとかね。

還暦を迎えた年代の同窓会って、『おじいさん、おじいさん』しているのは、簡単に想像できると思う。

そんな中で、

「この中で、若いのは お前とアイツの二人だな」

って、話になった。

思わず笑ってしまったのは、お前(私のことね)とアイツの二人は、実はチベット体操を続けている 二人だったからだ。

もう10年くらい前になるのかな?
徳島でチベット体操講座を開くからと、同級生40人に案内のハガキを出した。

その中で参加してくれたのが、唯一アイツだった。
以来、家族で続けてくれている。

次回は、3年後ということに決まった。

最近記事にしているように、私のチベット体操も少しずつ進化しているように思う。

その成果が、3年後にみんなの前で披露できそうな気がする。

今から楽しみなのだが、一つどうしても気にかかることがある。

同級生に本当に若くいようという気持ちが出ていないことだ。

年齢を重ねるということが老いることだというのは『幻想』だと思っているのは 私だけなのかな?
posted by T兄さんtoT姉さん at 19:24| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: