チベット体操 カッコよくなろうとは思ってないんだよ


毎月第2,第4木曜日に地元の公民館で行っているチベット体操講座に、10年ぶりくらいに参加してくれた友人がいる。

この講座の目的は、『地域の元気は一人一人の元気から』で、もうかれこれ5年近くにはなるだろうか?

前回の参加は、別の場所での講座だった。

誰でも参加できて、予約の必要は一切なし。参加費は会場使用料金に使うため、お一人500円いただいている。

参加者は毎回3~5人で、ほぼ同じ顔ぶれだ。

しかし、この人数を10人にしようとか20人にしようとかは思った事がない。

元々の目的が商用ではないからだ。

で、コマーシャルもした事がない。

本当に元気になりたいと思った人が参加をすればいいだけのことだ。

で、友人に久しぶりに参加をした理由を聞いてみた。

「先日、同級生で旅行に行った時の写真を見たら、こりゃいかん!ここまで太ってはいけない」

と感じたらしい。

「別に、カッコよくなろうとは思ってないのよ。ただ、もう少し何とかしたいだけなのよ。」

という事だった。

10年前とは内容がかなり違っていたとは思うが、彼には今の内容の方がよいと思った。

自分の体を触ってもらったら、あっちこっち痛くて仕方がない様子で、改めて自分の体の状況を確認できたと思う。

そんな体でチベット体操をしても、体はなかなか変化をしてくれないし、本人もそう感じてくれたと思う。

チベット体操を受け入れる側の体が、全く10年前とは違っていることを実感したみたいだ。

でも、それに気がついただけでも、一歩進んだと思うよ。

あとは、この教室に通いながら、少しずつ自分で自分の体を変えていけばいいだけだよ。
二子山.jpg

この記事へのコメント