チベット体操 まわり道

(撮影日2018.06,17)
剣ヶ峰へ.jpg
富士宮ルート頂上を目の前にして、雪がまだ残っている。

どうしようか迷ったが、安全策でブル道を登ることにした。

そういえば、昨年もこのブル道を登ったのだった。

ところが、ブル道だけあって平らではあるけれど、高度がなかなか上がらない。

嫌になりかけたところで、降りて来た二人組みが声を掛けてくれた。

「もうすぐですよ。勝利への道だと思って登りましょうね。」

勇気付けられたのは間違いなかった。

そして、次の出会いがあった。

昨年、登り方を一つ一つ教えていただきながら、五合目から一緒にお付き合いしていただいた男性にお会いしたのだった。

あの後、富士山の登り方ががらりと変わり、それは仕事でも活かされて、お礼をしなければいけない人だった。

お礼を述べてお別れをしたが、まわり道をしたおかげで、こんな出会いに巡り会うことができたのだった。

私のやっているチベット体操が、今のような形になったのは、途中でいろいろな不都合なことに遭遇して、色々とまわり道をして来たことによるものが大きいのは間違いない、

コノハナノサクヤヒメのおかげかな と、心の中でつぶやいた。

この記事へのコメント