チベット体操 先人の話は素直に聞く

宝永火口遠足.jpg
宝永第一火口縁で遠足の中学生だち(2018.07.10)

今回の富士登山で御殿場ルートからプリンスルートに変更したのには理由があった。

一人体調が悪かったので、御殿場ルートは厳しい ということになり、富士宮口5合目2,400mまで高度を稼げるルートにした。

駐車場で少し身体を休ませて、身体を高度に順応させる時間を2時間くらい取った。

その後、いつも以上にゆっくりなペースで6合目に向かう。

実は、この6合目までが非常に苦しい。

しかし、今回は順応が上手くいったのか?、とても楽に6合目まで登る事ができた。

そこで、とんでもないサプライズがあった。

宝永山荘で、ミスター富士山こと、實川欣伸さんとお会いする事ができた。お話もしてくださって、名刺までいただいた。

キャップを見たら、2004というシールが貼られている。

今回が2004回目の富士登山になる訳だ。

6月23日、もの凄い悪天候の中2000回目の登頂をしたと思ったら、その後3回登られてたことになる。

ずっとお話を伺いたかったが、お礼を言って宝永火口を目指した。

何にせよ、先人のお話は素直に受け入れるべきだと思っている。

自分で加工するのはずっと先で良い。

簡単そうにやっているから自分でもできそうだと勘違いするが、実はとても難しいことを、いとも簡単にやっていることに気がついてからでも遅くはない。

チベット体操で、私はまだまだそこまでは上り詰めてはいないが、私の言ったことは、かなりの人はその通りには受け取ってもらえない。

1+1=2

なんですよって言っても、そんなはずはない。それでは、余りに簡単すぎて、そんなことで身体が変わる訳ない。

と言って、余分なことを加えて、そのうちに続かなくなるんだよね。

そんな難しいことをしなくても、健康になれると思うよ。

この記事へのコメント