チベット体操 高山症状対策、これでOK!

剣ヶ峰20180730.JPG

日本最高地点 Mt.Fuji 3776m(撮影日2018.07.30)

前回の7/10~11の富士登山では、高山症状が出ないように、水分補給方法を考えて登ってた。

結果的は、高山症状の頭痛、手足の痺れは出なかったので、高山症状対策は大丈夫だろうと思われた。

今回の富士登山は、それを検証する目的があった。

今回の登山ルートは、前回と同じ『プリンスルート』。

富士宮5合目レストハウスで、高度順応させる時間を90分持った。

その間に、朝食のうどんを食べた(前回はおにぎり)。

その後、6合目までの『入り』をゆっくり入り身体を2400mに馴染ませた。

ここで、お腹が空いたのでおにぎりを食べた(宝永山荘のおにぎりは美味しいのです)。

登る前に、しっかりと食事をするということを今回も行った。

水分補給は、前回と同じように、『寒天ゼリー、カットフルーツ、水』。

初日は、御殿場ルート7.4合の『わらじ館』泊まり(ここもお勧めです)。

今朝は、ご来光を見た後食事(ご飯、味噌汁、魚、温泉たまご)。今朝もしっかりと朝食を摂った。

台風直後の昨日とは違い、今日は朝からとても良い、いやいや良すぎるお天気になった。

今日も、水分補給の内容は、昨日と同じだった。

さて、結果はどうだったでしょうか?

今日も、全く頭痛、手足のしびれは出なかったんです。

富士山登山の高山症状の検証は、自分で富士山に登らないと出来ないんです。

でも、ご自宅でするチベット体操の検証は、ご自宅でできるんだよね。

あんな苦しい思いをしなくても、簡単に出来ます。

問題、課題は、自分の体で検証してみましょうね。

この記事へのコメント