チベット体操 悪天候で引き返す 目的なんだったっけ?

やっと見れた青空.jpg

やっと見れた青い空(撮影日2018.09.02)

御殿場ルート7.4合目の『わらじ館』に17時過ぎにたどり着いた。

朝から、雨か曇りのお天気だったので、雲海に上に見えた青空は嬉しかった。

『わらじ館』は大勢の方が泊まることになっていて、見たこともないくらいの靴が棚に並んでいた。

一緒に登った友人が居候扱いという事もあり、何も出来ないが少しお手伝いをした。

宿泊客が消灯する頃に、スタッフの皆さんの食事が始まる。そんな時にも問い合わせの電話があったり、「今日は泊まれますか?」と予約なしの登山者が来たりする。

スタッフは、ほとんど休めないように思えた。

外国の方も何人かはいらして、スタッフには英会話力も必要だと感じた。

一緒に賄いをいただいた後で寝袋に入って休んだが、何となく充実した一日だった。

翌日は、台風が近づいている事もあり、朝から荒れた天気で、ご来光を見に朝早く登った人達も霧と寒さに耐えきれず降りて来ていた。

そんな事もあり、無理して頂上を目指すのはやめて下山をすることにした。

この後、富士山登頂の予定はないので、昨夕見た景色が今年最後になりそうだ。

しかし、山小屋で少しだがお手伝いできて、スタッフとの距離も近づいて、今までになかった富士山を体験できた事もあり、山頂にいけない残念さはこれっぽっちも起きてこなかった。

富士登山の目的が、登頂だけではないというのを改めて確認できた今回の山行だった。

いつも言うことなんだけど、『健康になるためにやっている』ことが、いつの間にか『やることで健康になっているはず』に変わっていることがよくあるよね。

よく考えてみたら、何にも変わってなかったりする。

その次どうするか?そこが大事なんだよね。

『健康になって何をしたいのか』

そうすれば、もっと冷静に自分のことを見れるような気がするね。

この記事へのコメント