チベット体操 良いお年をお迎えくださいね

8B8B5AA1-F00D-48B2-B872-83E9CDED0212.jpeg

「14カンお願いします」

「来れて良かった。今日が今年最後なんですよ」

飛騨古川JAはす向かいの『とと家』さんで、久しぶりの夕食ができた。

今年5月から毎週飛騨高山の現場に通った。

宿は駅前に取り、いつも素泊まりを選んだ。

その日の体調に合わせて、食べる量を決めたかったからだ。

最初の頃は別の場所で民宿を選んだこともあったが、いかんせん料理が多すぎて、出されたものは残してはいけないという責任感もあり、それだけでストレスになった。

それで見つけたのが、駅前旅館の素泊まりと『とと家』さんだった。

飛騨古川は観光地で、『とと家』さんには外国人の旅行客も多い。

けっして、洒落たお店ではなく、どちらかといえば田舎の食堂にちかい。

それなのに、外国からの旅行者が入ってきては、だいたい飛騨牛を食べていく。誰かのSNSで紹介されたのだろう。

私は『とと家』さんが開いているときには、毎回ここで食事をした。

だから、ほぼ毎週通ったことになる。

いただくのは、毎回『にぎり』だった。

それには理由があった。

食事の量を自分で決めることができるのと、お魚が美味しいからだ。

この辺りは、富山港から魚が運ばれてくるらしく、いつも食べている太平洋の魚とは、ちょっと味が違う。

私の体が、肉よりも魚の方が合っているらしく、元気が出るのがわかるからだ。

そう言えば、富士登山の帰りはいつも魚だった。

週に一度、お腹の中をリセットというか、ニュートラルにしたいという体の要求もあったような気がする。

「次回は来年になるので、良いお年をお迎えくださいね」

と挨拶をして駅前の旅館に戻った。

この季節、飛騨地方は紅葉が本当に美しい。



<追記>

こうやって自分の体を観察しながら、チベット体操を続けてみてください。

変わらないと思っているご自分の体が、少しずつ変化してきます。
チベット体操のやり方がわからない方は、もうここしかないですね(笑)
























この記事へのコメント