24 チベット体操 今日のカラダ 重いですか軽いですか?

私は現在61歳10ヶ月。2003年5月以来毎日続けてきたチベット体操で得ている富士山に登れるカラダを、如何にして維持するのか?どのようにつくり上げてきたか?そして、どうすれば皆さんにお伝えできるのか? そんなテーマで改めて書き進めていきます。

こんにちは、チベット体操の松下です。
いつもお付き合いしていただきありがとうございます。

それでは、今日もいってみましょう。
24 明日は新月.jpg
********************************************************
24 チベット体操 今日のカラダ 重いですか軽いですか?
********************************************************
月暦で言うところの
今日は大晦日
明日は正月となります

お月様の形で言うと
明日が新月になります

今日のタイトル
今日のカラダ 思いですか軽いですか?
とどんな関係があるの

なさそうですが
実は
とても関係が深いんです

自然のリズム
どこで感じますか?

と聞かれたら
何て答えますか?

一番手っ取り早いのが
お月様の満ち欠け
ですよね

大きく見れば
季節の移ろひ

もそうですよね

考えなくちゃいけないのは
僕たち人間だって
自然の一部なんですよね

お月様が
大きくなったり
小さくなったりするように

私たちの体だって
大きくなったり
小さくなったり
しているんです

新月あたりというのは
一月の中でも
カラダが一番軽い
絞られている時期なんです

そうそう そうなのよ!
えええっ 何いってるだぁ(遠州弁です)😅
何冗談こいてるの そんなことアラスカ(名古屋弁?)

色々と反応はあると思います

でも

一番多いのが

あっ そう
全然感じていません

という答えだと思います

というよりも

全然気にも留めてなかった
ということだと思います


わかりやすく言うと

新月から満月にかけては
水分を吸収しやすい時期

満月から新月にかけては
水分を発散しやすい時期

と思ってください

わかりやすい例だと

今日はイヤに 腹減るなぁ

と感じる日があると思います
朝、いつもと同じ量食べてきたのに
なんでだろう?

みたいな日がありますよね

その時は
メモを残しておくんです



その時の
お月様の形も
同時にメモしておきます

そうすると

あれ
先月もお月様がこんな形の時に

腹減ったと書いてある

みたいなことが
解ってきます

ここ数日の
カラダの観察も
続けてみてくださいね

詳しく書いてある
記事をリンクしておきます

興味がある方は
読んでみてくださいね

http://tibetclub.seesaa.net/article/5062686.html


ほんの些細なことで
人の体って
変わってくるんです


いかがですか?

チベット体操効果を
できるだけ分かりやすく
皆様にお伝えできたらと思っているので

興味がある方は
是非次回もお立ち寄りくださいね

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

*******************************************************
チベット体操を使った若返りエクササイズ
*******************************************************

こんなお話をしていると、チベット体操の各ポーズにはなかなか辿り着けませんが、どんなことをするの?
と、興味を持った方もいらっしゃいますね。

実は、私が作ったチベット体操アプリがあります。iPhone iPadをご使用の方はダウンロードしてポーズの説明を見たり、私の音声ガイドで体操をするとができます。
有料で一番最初ダウンロード時に730円お支払いいただけると、その後の課金等は一切ありませんのでご安心ください。

よろしかったら、一緒にチベット体操をしてみませんか?
下のリンクからAPPストアにリンクしてあります。

アプリリンク先
https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%93%E6%93%8D%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E8%8B%A5%E8%BF%94%E3%82%8A%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA/id1445382698?mt=8

では、次の記事でお会いしましょう。

松下信義
お問い合わせmatsushita@tibetclub.jp


この記事へのコメント