チベット体操の前にダイエットができる体づくりが大切です

kouza.jpg前回の出前出張講座の後でパチりです
いつもの『出張出前講座』(笑)なら、この後『呼吸法』『チベット体操指導』『食事方法』『自然のリズム』『瞑想』(笑・新興宗教ではありませんよ)と続くのですが、その順番で書くとすぐに出来る事が、かなり後になりそうなので、今日は順番を変えてお話をします。これは、私の思っている事ですから、その辺りを間違わないようにして下さいね。
もし、『あなたの会社に何かがあり、来月のお給料が入ってこなくなった…』
としたら、あなたはどうしますか?今あるお金を今までのように使いますか?それとも支出を控えて貯め込むようにしますか?きっと、普通の方なら後者ですよね。
もし、太りたくないと食事を抜いたりすると、それと同じ事が自分の体の中で、自分の知らない間に起きているような気がしませんか?溜めるものは、お金ではなくて、脂肪?(あるいは他の何か?)としてです。ですから、食事の回数を減らした割りには、何も変わらない…と言う方もおられると思います。
体重を減らすために食事を抜くのではなくて、体に『そんな心配をさせないように食事はしっかりとる』事を私は実行しました。この『しっかり』というのは、量をしっかりというのではなく、『朝昼晩と3回しっかりと食事をする』という意味です。
で、問題の量ですが『腹八分目』です。ただそれだけ。そして、問題は食事をする時間です。私は、夕食は夜9時までは腹八分目、10時までは半分、10時以降は食べない…を実行しました。10時以降食べないというのは、先ほどの話と矛盾しているように思えますが、変な時間に食べるよりは食べない方が良い!とそうしました。
ただでさえ腹八分目と、少し量が減っているのに9時以降で量が半分になったのではお腹が空きますよね。だから、噛む回数を2倍3倍、噛んで噛んで噛みまくって食べました。
で、間食ですが、できるだけ食べないようにして下さい。水分は、毎日目安として2リットル飲みます。お茶か水で十分です。水道の水をそのまま飲むのはちょっと考えものですね。お茶でいいんじゃないでしょうか?私は、田舎に住んでいるので、湧き水を汲んできてそれを飲んだりしました。
その結果、多分便に変化が起きてくると思います。極端に少なくなると思います。私はそうなりました。きっと『入って来る物の中から、栄養をできるだけ吸収しよう!』と、体が判断した結果だと思います。
要は、食事は朝昼晩と一日3回、量は腹八分目、水分を一日2リットル飲んで下さい…それだけです。
明日は、自然のリズムについてです。実は食べても良い週もあるんですよ…というお話です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック