チベット体操 自然のリズムを感じる

jibunnno.jpgiyashi.jpg
『自然のリズム』って言われると、何を思い浮かべますか?
1年では春夏秋冬、季節が思い浮かびますね。もう少し身近なところでは、月の満ち欠けではないでしょうか?女性の方は男性よりも、リズムを感じやすいと思います。
この月の満ち欠けには、ある『効用』があります。以下の内容は『月の癒し』『自分の力で』いずれも、ヨハンナ・パウンガー、トーマス・ホッペに詳しく書かれていますので、ここでは簡単に説明します。
●欠けていく月--満月から新月までのおよそ14日間
「解毒」「洗浄」「発汗」「発散」「乾燥」「固定」などの作用があります。新月に近づけば近づくほど、その力は強まります。簡単にいうと、食べたの物は発散されやすい、放出しやすいという事です。
○満ちていく月--新月から満月までのおよそ14日間
「補給」「摂取」つまり、身体がいろいろなものを吸収して、エネルギーを蓄えるほか、「保護」「休養」を促します。つまり、同じものを食べても、普段よりも太りやすいのです。
ですから、昨日の予告で書いたように、欠けていく月の間は、少しは食べても大丈夫!だということなんです。

7gatu.jpg
しかし、「それじゃ今日はどんな月ですか?」と聞かれたら、皆さんは答える事ができますか?
今日7月13日は八日目の月です。今月は7月6日が新月でした。満月は7月21日です。
ですから、今日は満ちていく月の週に入っている訳です。もう、おわかりですね?だから、『食べたら身になる』リズムの上で生活をしているという事です。これが、だんだんと力を強める訳ですから、食べるのは腹八分目で、間食も我慢をした方が良い!ということになります。
そういう事を頭に置いて、例えば飲み会を計画する時には、欠けていく週にすれば、太る事をあまり気にせずに飲めるという事なんです。
この本は非常に興味深い本です。最近、材木業界で『新月伐採』をさかんに言うようになりましたが、同じような理由から来ています。新月の日に伐った木は、水分を放出しているので、クラックが入り辛いんです。
写真のカレンダーは、私がここ数年使っている、非常に良く出来た月暦です。
月と季節の暦 http://www1.0038.net/~tsukigoyomi/cln.html
にあります。ご覧になって下さい。
(すみません、上記URLの~がどうしても大文字になってしまいます。ここを手入力で小文字に直していただけますか?お願いします)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック