チベット体操 さて、いよいよ『第5の儀式』

第5の儀式
これは続けて行いましょう
【方法】
5-1.jpg
1.うつぶせの姿勢から行う。腕足せ伏せをする時のように手のひらと足指を支点として、身体を支え、身体を床から浮かす。
2.手と手の間、足と足の間隔は、それぞれ肩幅ほど開けておく。
5-2.jpg
3.腕を床とまっすぐに伸ばし、背骨をそらして上半身を起こす。息を吐き切る。
5-3.jpg
4.鼻から息をお腹の底に吸いながら、腰を上げていき顎を胸に付けるようにする。
5-4.jpg
5.この時足裏は床に付けるようにする。
6.息を口からゆっくり吐きながら、もとの格好(3)に戻します。
7.続けて所定の回数行います。
解説・注意
ここでも大切なことが二つあります。
一つは、第2.3.4の儀式と同じように呼吸法が大切です。
まず1~3が一つ目の呼吸
次に4~7が二つ目の呼吸
となります。
二つ目は、5のかかとを床に付けることですが、これはアキレス腱を伸ばすことを意味しています。しかし、この動作は人によっては非常に怖く思えます。ですから、ゆっくりゆっくり伸ばしてみて下さい。絶対に急いではやらないでくださいね。
軽くかかとが床に付く方もおられると思います。個人差があると思いますので、自分なりに進めてみて下さい。

この記事へのコメント

  • 森のおそまつ君

     のぶさん。。。チベット体操すっごいんですねぇ。夕べ、安間の慎ちゃんに聞いたのですが、一日に20何回もやっているとか。。。結構ハードなんでしょ??
     この体操の様子、、、一体いつどのように撮影したのでしょうか???興味があります。
     なんちって。。。これからもブログとかいろいろ楽しんでいきましょうねーー
    2005年07月22日 08:35
  • トルシエ通り2

    初めてのコメントでした。いただいて嬉しくなってしまいました。回数は今は9回くらいですよ。回数については今日のテーマにしますね。
    2005年07月22日 21:28
  • 一児のパパ

    ゆみこさんのブログにも書いたのですが、やっぱりよくわからないので、ここにも書かせていただきます。

    「若さの泉」p54には「両手両足とも、この儀式の間中、まっすぐに保たれなければならない」とあります。同じページの下の方に「かなりうまくできるようになったら、身体を持ち上げた状態から床ぎりぎりのところまで、下ろしてみよう。」とあります。

    両手両足をまっすぐに保ったまま、どうやって床ぎりぎりのところまで下ろすのだろうと、ずっと疑問に思っています。この部分については、どのように解釈なさっているのでしょうか?
    2007年06月24日 11:08
  • T体操のお兄さん

    一児のパパさん
    いつもありがとうございます。

    ゆみこさん がしっかりと書いていただいているので、同じ事になってしまいますね。

    一児のパパさんが疑問に思っている部分の答えはここだと思います。ゆみこさん の言葉をお借りすると
    「体が柔らかくないともしかしたらこの動きはキツイのかもしれません。」
    実は、私もすごく体が硬いのですが、上から2番目の写真をご覧になって下さい。
    一番下の写真から息を吐きながら、先程の上から2番目の写真に戻ります。
    この状態の事を、一児のパパさんは疑問に思っているのではないでしょうか?
    この状態は、当たり前のように見えて、年配の方とか肥満の方、体が非常に硬い方には、難しいんですよ。体が硬いと、体をなかなか反らせることが難しいので、足が床ぎりぎりのところまでは下がらないんですよ。
    ご自分が苦もなく出来るのもだから、そのような疑問が出て来たのではないのかな?って思いますが、いかがでしょうか?
    2007年06月24日 21:47
  • 一児のパパ

    私は、「床ぎりぎり」とは1番上の写真の姿勢で胸も腹も膝もちょっと浮かせた状態を想像していたので、これでは両足はともかく両腕は曲げなければならないため、「両手両足とも、この儀式の間中、まっすぐに保たれなければならない」という記述と矛盾するので、何を言っているのかなと思っていたのです。「身体を持ち上げた状態から床ぎりぎりのところまで」の部分は、下半身のことをさしていると解釈すれば、納得できますね。

    >ご自分が苦もなく出来るのもだから、そのような疑問が出て来たのではないのかな?って思いますが、いかがでしょうか?

    起きぬけはまだ身体が硬いので、身体を反らす動きはちょっときついのですが、第2の儀式でできる範囲で目いっぱい反らせるようにしていますので、この動作を行う時にはかなり身体が柔らかくなっています。ですのでご指摘の通り、それほど大変に感じる事はありません。

    むしろ、第2、第4の儀式の時に呼吸を乱さずに続けることの方が難しいと感じています。これは人それぞれ得手不得手があるからなのでしょうね。

    因みに、「ヒーリング呼吸法」が近所の書店にたまたま置いてあったので、これも何かの縁かと思い、買ってしまいました。これについてのコメントもOKですか(もちろん自分で実践してからの話ですが)?

    2007年06月25日 05:18
  • T体操のお兄さん

    一児のパパさん
    私はそのように解釈をしています。

    「ヒーリング呼吸法」は、私には非常に解りやすい本でした。ただ、その中の自分に合っていると思われる部分を私は実践していますので、呼吸自体に関する事はやはりご本人にお聞きした方が良いと思います。

    でないと、間違った事を言ってしまった時には、非常に迷惑をかけてしまう事になります。できたら、そのようにしていただけると嬉しいです。
    2007年06月25日 22:52
  • 繝悶Λ繝繧ッ

    国連イラク支援団 訴えを起こすとしている 摘されている 報復の殺人 毎日更新 しかし その結果 戦略 イスラミヤ 民間人は今年
    2007年06月26日 06:11

この記事へのトラックバック