チベット体操 『第4の儀式』で息を止める時

もうかなり慣れて、儀式を行っている方もあるかもしれませんね。『第4の儀式』の時に、『呼吸を止める動作』が入ってきますが、その時に本では、以下のように書かれています。
以下引用です。
テーブルの格好ができたら身体の筋肉を1つ残らず緊張させながら息を止める。最後に、もとの足を投げ出した格好にもどりながら息を吐いていく。前身を弛緩させ、最初の動作を繰り返す。

この、『身体の筋肉を1つ残らず緊張させながら息を止める』というのが、なかなか難しいです。私の方法が合っているかどうかは定かではないのですが、自分なりに腕、足等の筋肉を緊張させてみましょう。私は1.2.3.4.5と数えて息を吐き始めますが、結構筋肉に負担?がかかるのが分かります。ただ、この動作をあまり気にしなくてもかなりきついですから、余裕ができてからこの動作を加えるのも一つの方法かもしれませんね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック