チベット体操 足を伸ばして『第2の儀式』ができないのですが…

「足を伸ばしたまま第2の儀式ができないんだよね…」と、腰を悪くしている方から直接言われました。付き合いが古いので私も腰が悪いのは知っていましたが、トライしてくれているところが立派だと思いました。きっと、こんな方もいらっしゃると思います。
今回の答えとしては『足を伸ばさなくても、膝を曲げた状態で』良いんじゃないかな?と思います。本の中にも同じような事が書かれています。以下引用です。

あるとき、わたしは1人のラマ僧の話を聞いた。彼は、この儀式をはじめたとき、かなりの老齢で、衰弱もひどく、足をまっすぐ持ち上げることすらできなかったそうだ。だから彼は、膝を曲げたまま、つまり太ももだけをあげ、膝から下はぶらさげたままの状態でこの儀式を行っていた。だが、儀式を続けるうちに、だんだん足を伸ばせるようになり、3ヶ月後には、楽々とまっすぐに足を持ち上げられるようになったそうだ

まだ続きはあるのですが、このようにできる範囲でやれば良いんじゃないかな?と思います。ちなみに『若さの泉 (完全版)』という本には、健康状態によりどれか特定の儀式ができない人や、ドクター・ストップのかかった人のために、「5つの儀式」のかわりにできるウォーミングアップ・プログラムが紹介されています。
kanzenban.jpg
ただ、この本はオリジナル版をより詳しく補い、わかりやすく効果的な「5つの儀式」の手引書、応用を利かせた本です。我々にはオリジナル版で十分だと思いますが、細かいところでわかりにくいのも事実ですね。ウォーミングアップの体操を新たに紹介してあり、儀式のやり方のコツ、工夫が書かれています。

ですから、オリジナル版と同じようで、違う本と思った方が良いような気がします。私自身は、儀式のコツを本で教えてもらうよりは、何回も繰り返して自分なりの儀式に仕上げていった方が良いんじゃないかな?って思っています。

この記事へのコメント

  • はる

    私も第二の儀式の足がピンと伸びないし、第五の儀式のかかとが床に着きません。
    私の性格の大雑把さからか『まぁいいか。そう言う人もいるわ』で続けています。
    でもできるだけ伸ばそうとするので、膝の裏側がいつも軽い筋肉痛と言うか緊張痛がしています。ちゃんと伸びるようになったら、痛みもなくなるかと思っています。
    昨日図書館で『月の癒し』を借りてきました。
    これは面白いですね!人間も自然の一部って言うのが良くわかりました。これは手元に欲しいかも・・・
    2005年08月28日 08:00
  • トルシエ通り2

    儀式の方は、無理をする事はないと思います。そのうちに出来るようになります。ゆっくりゆっくり毎日続けましょう。
    『月の癒し』は、特に女性には興味深い本だと思います。『自分の力で』も続けて読んでみて下さい。
    私がチベット体操と出会った前後に『月の癒し』に出会ったと思います。その後、呼吸法の本とも出会っていく訳ですが、そのタイミングに驚かされます。体操をしながら自分と向かい合う時に、皆さんが何かと出会ったタイミングの必然性のようなものも見えて来るような気がします。
    2005年08月28日 22:47

この記事へのトラックバック