チベット体操 仕上げって 何?

11月21日の【東京しっかりコース】3回目は、次回最終回に向けて、徐々に仕上げにもっていく段階の体操講座になりました・・と書きましたが、具体的にはこんなことをしたんです。

まず、第1の体操ですが、今までは回転による転倒防止の為に3回まわるのを3度繰り返していましたが、これを原書(5つのチベット体操)通りに1度にして、とりあえず3回まわりました。

これは、皆さん始めてからひと月経ち、お話を聞いたところ、目がクラクラする事もないようだったので、そのようにしました。

今後の回る回数については、ご自分の体と相談して決めていただくようにお願いをしました。無理だけはしないようにして下さいね。

次に、第4の体操です。これは、11月12日のブログの記事に載せたように、息を吸いながら頭を後ろにそらしてから、腰を持ち上げていくようにしました。

最初、何も言わずにポーズをとっていただき、その後感想をお一人おひとりにお聞きしました。
結果は、やはり

・息が吸いやすくなった
・動作がしやすくなった

という意見が多かったです。

息が吸いやすいので、逆に多く吸ってしまい、腰が上がり切るまでに吸い終わってしまう事も最初はあるかもしれませんね。ご自分の体操に合わせて、吸い方を調整して下さいね。

こんな事が出来るのも、しっかりとご自宅で体操を続けていただいているからなんですね。来週はもう一つ原書に近づけましょうね。

それから、皆さんの感想としては、呼吸が解り始めてきたという方もいらして、もう自信を持って深い呼吸をしていただきたいと思います。

ひと月過ぎて、変化の兆しが見えてらっしゃる方も出てきました。皆さん熱心に続けていただけるので、次回が本当に楽しみです。

この記事へのコメント

  • 博&貴のママ

    私も 第4の体操の時 みなみさんから
    教えて頂いたように  息を吸いながら頭を
    後ろに反らすようにしたら とっっっても楽でした
    2007年11月24日 20:26
  • T体操のお兄さん

    博&貴のママさん
    そうなんですよね、やっぱり理由はあるんですよね。回り道をしながらでも、何かしら近づく所に近づいている気がします。
    2007年11月25日 00:02

この記事へのトラックバック