チベット体操 どうしたの?

「どうして突然 原書 を訳するようにしたの?」って聞かれました。

先日のコメントにも書いたのですが、そういう時期に来ていると思ったのも確かなんですが、実はもう一つ理由があるんです。

友人に教えられて、youtubeの動画を見たんです。いくつか見たのですが、見てすぐに私たちがやっているチベット体操とは、見るからに違うということが分かったんです。

『原書』は一冊しかないはずなのに、やっていることが違うのは何でなの?と疑問が出てきますよね。

もしかしたら、チベットクラブの体操が違うのかな?と思わざるを得ないんですね。なぜかって、youtubeの中では皆さん同じような体操をしているんですからね。

そこで、できるだけ『原書』に近づけたいという気持ちと、自分達の体操が間違っているのか?合っているの? という確認の作業をする必要が出てきたんです。

それで、誰が考えても時間のかかる作業を始めたんです。

youtubeの中の動画と何が違うかって? 見ていただけたらすぐに分かると思います。

さて、この先どうなるんでしょうね?
気の長い作業になりますが、お付き合い下さいね。

お付き合いに疲れたら、いい体操お教えしますからね(笑)。

この記事へのコメント

  • よしこ

    そうですね。私もyoutubeの動画を見て、
    ふーん、違うな~と思いました。
    ひょっとして、チベットクラブのチベット体操は日本人に合ったやり方なのかな~なんて想像していたんですけどね。他でも教えていただいたことがありますけど、私自身の体でうん!!と思えたのは、お兄さんの体操だったんです。
    原書の訳もとても興味深く読ませていただいています。
    いや~こうなったら「若さの泉」ツアーに行きたくなりますね^^きっと行きますよね^^そのときは、是非お供させてください。
    2007年11月28日 23:30
  • よしこ

    そうですね。私もyoutubeの動画を見て、
    ふーん、違うな~と思いました。
    ひょっとして、チベットクラブのチベット体操は日本人に合ったやり方なのかな~なんて想像していたんですけどね。他でも教えていただいたことがありますけど、私自身の体でうん!!と思えたのは、お兄さんの体操だったんです。
    原書の訳もとても興味深く読ませていただいています。
    いや~こうなったら「若さの泉」ツアーに行きたくなりますね^^きっと行きますよね^^そのときは、是非お供させてください。
    2007年11月28日 23:31
  • 一児のパパ

    >『原書』は一冊しかないはずなのに、やっていることが違うのは何でなの?と疑問が出てきますよね。

    >もしかしたら、チベットクラブの体操が違うのかな?と思わざるを得ないんですね。なぜかって、youtubeの中では皆さん同じような体操をしているんですからね。

    やっとそこに疑問を持つようになられたのですね。想像するに、そこには「若さの泉」に以下のような一文があることも理由として考えられます。

    「何はともあれ、『5つの儀式』をすべてやっても20分くらいしかかからないということは素晴らしい。元気なら、10分足らずでできてしまう。」
    (「新装版」p62、「決定版」p68)

    また、「完全版」では、各儀式のやり方の解説の中で、もっとチャレンジしたい人は速い動作で行うよう指示があります。

    さて、ここでクイズです。各儀式を21回ずつ合計20分くらい(しかも元気なら10分足らず!?)で終わらせるには、1回に何秒かかるでしょうか?答えはCMの後......というのは冗談です。

    電卓片手に計算してみればすぐに答えは出ますので、確認してみて下さい。

    ただ、他の動作がかなり速いからといって、彼らのやり方が「正しい」とは限りません。そもそも「正しい」か「間違っている」かという観点で見てしまうと、ブラッドフォード大佐やケルダー氏にカミングアウトしてもらって、彼らにDVD版を出してもらわない限りこの問題は解決しないでしょう。

    私自身は、「5つの儀式」の本質はそんなところ(動作のスピード)にはないと思っていますので、呼吸重視でいかれるのであれば、今のスタイルでもかまわないと思います(というか、「トホホ」の呼吸で21回はほぼ無理)。動作スピードの違いによる効果の違いは、エアロビをやっている人と筋トレをやっている人とで体型が違うように、体型の違いとなって現れるだけなのではないでしょうか(違うかも知れませんが)。でも、エアロビをやっていようが、筋トレをやっていようが、若い人は若いわけで、体型の違いは「若さ」とはまた別の要素です。

    それと参考までに、他のやり方で儀式を行っている女優の奥山佳恵さんは、17回に40分かけていると、最近宝島社から出版された本のインタビューで述べています。こうしてみるとこの儀式は、やり方の自由度がかなり広いものだと言えますね。

    2007年11月29日 04:36
  • ゆりっこ

    あくまで私の感想と解釈。浅はかでしたら
    ご指摘を。

    >「何はともあれ、『5つの儀式』をすべてやっても20分くらいしかかからないということは素晴らしい。元気なら、10分足らずでできてしまう。」
    (「新装版」p62、「決定版」p68)

    私は著者の基準する「元気」でないから
    無呼吸になってその時間じゃ体操は無理。
    深い呼吸できない。若返りでその時間
    回数でいつかこなせたらいいな。

    本には儀式をすべて通して何分で終わらせましょう
    とは書いてなかったような気も。継続が大事だ
    からささっと終わらせてもいいんじゃないという
    ニュアンスで著者が書いたのかなと受け取りました。

    だから私は儀式にかかる時間は気にならないの
    呼吸。深い呼吸。

    日本語版の本の40Pあたり。
    修行を積んだラマ僧は回転運動を過度にしない。
    旋回舞踏は過度にすぎると恍惚だが逆効果。
    エネルギーを放出しちゃう。ほかの宗派の僧
    侶たちが何百回まわるとこをラマ僧は10数
    回ほどしか回らない。それだけでチャクラの
    活動は充分刺激される。


    だからエクササイズ感覚で1日に過度に朝晩
    で合計41回以上したらよくないのかな?
    エネルギーを放出しちゃうんかな?


    ラマ僧はゆっくりどっしり静かに回転してるよう
    なイメージを読んで感じたからそんな表記はあっ
    たかしら?だからなんかチベットクラブみたいに
    ゆっくり深い呼吸が本から感じた私の体操のイメ
    ージでした。私は深い呼吸がゆっくりになってか
    らの方が効果を感じます。東洋人向きなんじゃな
    いチベットクラブの体操はなんて思いました。
    体験しながらね。よしこさんとおなじ。


    うろ覚えですがむかし兄さんが21もすれば西洋
    人でも何回かは深い呼吸ができるだろうからいっ
    ぱいやっとけと僧侶が示唆したみたいな想像をか
    いていたけど私はそれを信じたいな。

    なにしろ兄さんやみなみさんの効果は異様だから。
    若返りに大事なのは深い呼吸では?
    そもそも人づてに伝わる体操。機械じゃないんだから
    矛盾はあるよと思う。人間だもの。
    世界でまったく同じ体操は存在しない
    その人だけ。だから自分から泉がわくと
    信じた人のみ恩恵を受けられる気がします。
    2007年11月29日 12:26
  • T体操のお兄さん

    よしこさん
    いつもありがとうね。昨年秋に、森町の大洞院の書斎でのチベット体操、座禅堂でのフルタイムの座禅を経験していますよね。
    あれを体験すると、我々の文化の中にチベット体操があっても「おかしくない」「違和感」は持たないですよね。それくらいの貴重な時間でしたね。
    多分、本を読まれた皆さんの描くイメージというのは、あの世界じゃないのかな?って思います。
    2007年11月29日 21:05
  • T体操のお兄さん

    一児のパパさん
    今回もありがとうございます。
    動画で見る動作については、(これは完全に私が勝手に思っていることですが)、欧米の皆さんには、想像するのが難しかったのではないのかな?って思うんです。先日翻訳をしていただいた部分は、私にはイメージができなかったんです。あの動作をしたことがないので、よく分からなかったんです。フィギアスケートをしている方でしたら、簡単に頭に浮かんだと思うんですけどね。
    それと同じようなことが、彼らの中で起こったのではないのかな?って思うんです。
    その結果として、BOOK2の出版となったような気がします。
    2007年11月29日 21:18
  • T体操のお兄さん

    ゆりっこさん
    ありがとうございます。
    一度講座を受けていただいているので、本を読んだ時のイメージとチベットクラブの体操のイメージが良く似ているように思っていただいていると感じています。
    私の持ったイメージも、多分同じだと思います。だから、あのような形に段々となって来たような気がするんですね。

    前にも書いたのですが、若さの泉は、自分から見つけにいくものですよね。
    2007年11月29日 21:26

この記事へのトラックバック