チベット体操 まだ食べている

今年豊作だった、我が家の治郎柿。12月のこんな時期になっても、まだ枝に残っています。

熟したものは落ちてしまい、今残っているのは、果肉がしっかりとしており、種もほとんど無くなっています。
071215jirougaki.jpg
こんな時期に我が家の柿の木に実が残っているのは初めての事。という事は、初めて味わうこの時期の治郎柿なんです。

それが、『我が家の柿?』と、思えるほどの味がするんですよ。

毎朝の食事の前に、いただいています。

『柿が赤くなる頃には、医者が青くなる』 というのが解るような気がします。

体重が気になる方は、食事の量よりも、食べ方も考えてみて下さいね。

*治郎柿 遠州森町産は、今年からこの字を使うようになりました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック