チベット体操 第3の体操

『若さの泉 5つのチベット体操』あるいは、英文で書かれた『ANCIENT SECRET OF THE FOUNTAIN OF YOUTH』を読んでみただけではわからない部分というのはあるんです。

確かにポーズの写真はあるのだけれど、どうなっているのだろう?という部分のことです。

実は、第3の体操の足の幅なんかがそれにあたると思います。

先程の本の中では、 『両膝頭と両足指先を支点として、床にひざまづく』とあるだけです。英文でも、どのくらい広げるのか?という事は書かれていないんです。

私は、ずーっと足を30センチくらい広げて体操を続けてきました。しかし、写真をよーく見ると、閉じているようにも見えるんですね。

それで、昨年夏過ぎから、両膝をつけるようにして体操をし始めました。
080110dai3.jpg

で、どうなったか?

これは、ご自分で試してみたらよくわかると思います。

足の幅が狭いので安定がし辛いように感じますよね。力学的には(ちょっと大げさ)そうなのですが、いざやってみるともう一つ別の感覚があることに気がつきます。

安定が悪い分、体がぶれないように神経が集中出来るようになります。ちょうど、体のまん中に一本の線が入ったような感覚になるんです。

手を置く場所と形もこんな感じになり、ちょうど本と同じような形になってくるんです。

ですから、先程でてきた2冊の本は、足を閉じているのではないのかな?と思っています。
真横からの写真しかないので、『たぶん』ですけどね。

私は長い間足を広げてやってきましたから、効果的には、さほど変わらないような気がします。しかし、体操をしている時の集中の仕方に、ちょっと差は出てきますね。

それで、体験講座では、最初は安定する幅でやっていただいています。慣れてきたら、揃える事も試して下さい・・と、(忘れていなければ)お伝えするようにしています。

よろしかったら、早速試してみてください。どんな感じを受けましたか?

この記事へのコメント

  • 一児のパパ

    ああ、そういうやり方もできますね。

    ちょっと試してみます。
    2008年01月11日 05:03
  • よしこ

    私も試してみます。

    手の指を開かずに閉じてやるように、
    足の幅もくっつけると、
    また違った感覚があるのでしょうね。
    ありがとうございます^^
    2008年01月11日 17:27
  • T体操のお兄さん

    一児のパパ さん
    感想を教えて下さいねぇ~。
    2008年01月11日 21:56
  • T体操のお兄さん

    よしこ さん
    今年もよろしくねぇ~。
    やってみる価値はあると思いますよ。
    少しのことなんですけど、違うんですよねぇ~。
    2008年01月11日 21:59

この記事へのトラックバック