チベット体操 【しっかりコース】とミントドロ

今日から【しっかりコース】東京が始まりました。

初めての方で場所が分かりづらくて、なかなかたどり着けなかった方もいて、寒い思いをさせてしまいましたね、ごめんなさい。

【しっかりコース】今日のテーマは 『吐き方』。皆さんとても上手に、意識をして出来るようになったと思います。いつでも出来ますからね、しっかりと『吐くこと 吸うこと』を意識してこの2週間お続け下さいね。

今日は早目に東京駅に着きました。みなみさんの用事があり、駅の構内でレストラン?に入りました。一人では身動き取れないので(笑)、待っていたというのが実情なんですが、そこでのお話です。

お店に入る前に少し待たされました。その後、何人ですか? おタバコはお吸いになりますか? と聞かれたので、「一人でタバコは吸いません」 と答えました。

で、案内されたのが入り口のテーブル。グレープフルーツジュースを頼みました。

そうしたら案内をしてくれた若いお兄さんが、入り口の所でお店の奥に向って
「⌘♫・¢‡※§♨◉・・・ミントドロ」
と、大きな澄み渡った声でオーダーします。するとカウンターで
「⌘♫・¢‡※§♨◉・・・ミントドロ」
と応えるんです。

で、次から次にお客さんが入ってくるんですね。その都度入り口で奥に向って
「⌘♫・¢‡※§♨◉・・・ミントドロ」
って言うんです。で、カウンターから
「⌘♫・¢‡※§♨◉・・・ミントドロ」
って応えるんです。

何を言ってるんだろうなぁ~? でもお互いに意思は通じているんだよなぁ~
オーダーされたと思われる、コーヒーやら食事を運んでるんですからね。

そのうちに 厨房の奥からも
「⌘♫・¢‡※§♨◉・・・ミントドロ」
って感じで、解った了解したよって感じで大声でしゃべってるんですわ。

そのうちに みなみさんが 帰ってきました。
「なぁなぁ あれ わかる?」

例によって、若い兄さんが 入り口で 奥に向って
「⌘♫・¢‡※§♨◉・・・ミントドロ」

って言ってるんですわ。
「わ か ら ん」って返事だったのですが
何とか理解をしようと 必死になって
「⌘♫・¢‡※§♨◉・・・ミントドロ」
を理解しようと思うのですが 考えれば考えるほど 笑えてくるんですわ

だって あーた
「⌘♫・¢‡※§♨◉・・・ミントドロ」
ミントドロ ですよ。なにこれ!

後からじっくり考えると、もしかしたら 『どっきり』だったんじゃないのかな?

確かめる為に、2週間後に もう一度お店に寄ってみようと思っていますが、新幹線の中央改札を出て、左に曲がりすぐのお店です。

こんな食事の案内看板が出ていました。
080129mintotoro.jpg

いやぁ~ 東京には 考えられないようなお店があったよ ミントドロ~~~っ!!


この記事へのコメント

  • Mayumayu

    こんにちは。

    ここに登場は久しぶり!
    今回「しっかりコース」に参加していたはずが・・・
    残念でなりません。

    昨日は「あ~今日から始まったんだな」と1人思いに?ふけっていました。

    またいつかお目にかかれる日を楽しみにしています。
    それまでしっかりチべりますヽ(^o^)丿

    それにしても「ミントドロ」とはいかなるものか???
    2008年01月30日 10:56
  • 三上紘司

    昨晩の東京コースに遅刻してしまい、申し訳ございません。内海というキーワードを頼って行くと一番手前にある建物にはまってしまいました。同様の方が五名おられたようで、6時半から7時過ぎまで楽しくというか、半信半疑というか、これも修行かなと勝手に解釈して時を過ごしておりました。そのとき5人の会話のなかで、チベット語を検索していてチベット体操を見つけた方、甲田光雄流生菜食、発芽玄米のつくりかたに詳しい方、世の中いつ何が起こるかわからないと落ち着いていた方、この方々に遭遇しました。これもありがたいひと時でありました。そして、ほとんど7時になろうとするときに、職場に仕事を残しながらも駆けつけた方が、その場に見え、我々はその方を我々の誤りに取り込んでしまいました。しかし、その方は何かがおかしいと感じたのでしょう。どうも隣のビルらしいという気づきとともに我々は救済されたのでありました。

    以上、昨晩遅刻の、私の目から見た顛末です。5名の皆様、申し訳ございません。また、ちゃんと本会場に参集された皆様に余計な時間をとらせることになり、恐縮の至りでございます。しかしながら、皆様に心温かく遅刻参入を迎え入れられ感謝に耐えません。ありがとうございます。

    また、場所が違うことを教えてくれた方のお名前は記憶することができませんでしたが、この場をお借りして謝意をお伝えしたく存じます。
    ありがとうございます。

    さて、私自身のT体操のご報告ですが、第二の儀式、腹筋を使って脚を垂直に上げるときの腰痛が恐怖でした。ゆっくり上げても痛いものは痛い。実に恐怖。そこで、この数ヶ月は腰に無理のないように膝を曲げたまま脚をあげ、上がってから膝を伸ばすという方法で続けてきました。ところが、昨日、みんなと一緒にやってみると膝を曲げなくとも痛くないのです。「あごを胸につける」。昨日だけかなと半信半疑で今朝やってみました。今朝も全然痛くありません。顎を胸に付ける効果は絶大ですね。
    ご指導ありがとうございます。
    2008年01月30日 12:25
  • ゆりっこ

    チベットクラブ様。皆様。
    ありがとうございました。楽しい時間。

    おめめがクリクリの三上さんですね。昨日の遅刻
    の方。5人の皆様。大変でしたね。手前のビル。
    あれれドアがあいてて階段上れる状態で間違えそ
    うなんて思って手をかけて奥のビルに確認にいっ
    て私は間違えなかったのです。次回はいろいろ私
    も仲間に入れて談義させてくださいね。


    にいさま。私は、昨日考えました。

    私は講座で体操を極めたいといいましたが今日の
    今の体操が私の極まりです。だんだん上達します。
    一生完全に極まるはないと思います。


    毎日、自分に背伸びせず素直に自分ができるだけ
    気持ちよく楽しく体操しようと思います。今のベ
    スト。それを続けることそれが上達の過程かなと
    思ってます。

    そのつどは極まりますがたぶん終わりない完成が
    ないから楽しい体操ねと思いました。



    にいさまの「素直に」体操するにぐっときたよ。
    食欲も体操も生き方も素直がいいんじゃないと
    思います。


    にいさま。みなみさん。こやまんさん。
    ありがとうございました。
    私はチベットクラブと体操が大好き。


    昨日はとってもミントドロでした。
    2008年01月30日 17:53
  • 荒井麗子

    昨日はありがとうございました。みなみさんも気さくに声をかけてくださって、いろいろなお話をきくことができました。それにしてもお兄さんもお姉さんも体のラインがとっても綺麗で見とれてしまいました。でもって、一番驚いたのはこやまんさんです。ブログで拝見していましたが、全然違う人かな?と思っていました。本当にT体操だけであんなにスリムになったんですか??T体操と兼用して、ジムにも行かれてたのかな?T体操だけなら、凄い、スゴイ、私もがんばっちゃいます。第5の体操して脚の間から後ろを見ると、こやまんさんも一緒に体操をしていました。やはり地道に続けることですね。「吐ききる」ことがなかなか難しくなかなかお腹がへこみません。でも2週間とにかくがんばりますね。
    2008年01月30日 21:02
  • T体操のお兄さん

    Mayumayuさん
    お久しぶりですね。
    大丈夫ですよ、次回ご縁がありますよ。

    ミントドロのお陰で、今日一日思い出し笑いをしっぱなしです。
    しまいには、泣けてきましたよ。
    2008年01月30日 23:56
  • T体操のお兄さん

    三上紘司 さん
    昨日はありがとうございました。最後の詰めがあまくてごめんなさいね。

    腰がかなり心配だったんですね。問題がなくて安心をしました。

    次回まで、よろしかったらお続け下さいね。きっと、他にも変化が出てくると思います。

    楽しみにしていますね。

    2008年01月31日 00:03
  • T体操のお兄さん

    ゆりっこ さん
    チベット体操なんですが、続けていると本当に色んな事が出てくるんですよ。 

    自分の体も変化をしていますので、同じ事でも違って受け取れるようになるんですよ。

    次回の体操が楽しみです。
    2008年01月31日 00:07
  • T体操のお兄さん

    荒井麗子 さん
    こちらこそ、昨日はありがとうございました。

    体のラインですか・・、そう言っていただけると嬉しいです。

    こやまんさんは、T体操しかしていないと思います。実は、みなみさん も、運動ゼロ。 私はソフトボール一日、ファミリーバドミントン二日が、昨年の実績です(笑)。

    そしてこの三人は、体操の回数は基本の3回です。

    ですから、一年くらいかけて変化を楽しむくらいの気持ちで、お続け下さいね。

    次回を楽しみにしていますねぇ~。


    2008年01月31日 00:16

この記事へのトラックバック