チベット体操 『とほほ』がわからない

先日の【体験講座】の中で、「とほほ がわからないんですが・・・」という質問をいただきました。

この『とほほ』ですが、いつも息を吐き切る時の表現で使っています。

試しに、お腹の底にいっぱい息を吸い込んで、「ほおー」と弱く声を出しながら、最後までお腹を凹ましながら吐いてみて下さい。

段々と声が薄れてきて、それでもお腹を凹ませながら吐いていくと、最後に ほっ ほっ ほ・・・となってきますよね、それです(笑)。

そこまで実は吐き切っていただきたいんです。

くれぐれも、口から吐こうとせずに、お腹で吐いてみて下さいね。

「とほ」まではわかるんですが・・というお話もいただいたのですが、もう少し吐いてみて下さいね。

それと、背筋は真っ直ぐに伸ばした状態でお願いします。お腹を手で押さえてまで吐こうとしないで下さいね。猫背にならないようにしてください。

【しっかりコース】では、「とほほのほ」 まで吐く事をお教えしています。この、「のほ」がとてもに大事で(笑)、あとあとの大きな変化につながるんです。

それにしても、この「とほほ」ですが、ある年代までは、ウケるんです(笑)。確か、何かギャグがあったんですよねぇ~・・・。

この記事へのコメント

  • あっちん

    おはようございます。
    ご無沙汰しております。
    お兄様お元気で何よりです。
    とほほ。。。について、私の思ったことをちょっとだけ報告させていただきます。
    しっかりコースでお兄様にお腹を押さえてもらってわかった、「とほほ」の位置(お腹の凹ませ程度)は、私としては衝撃でした!
    ここまで~、とは思わなかった、という位置でした。
    でも、そのことを一度体験することで、ずいぶん体操(吸いやすくなる!)も体も変わった??のではないか、と思います。



    2008年04月15日 09:12
  • T体操のお兄さん

    あっちん さん
    その後いかがお過しですか?しっかりコースの4回目でもかなり効いていましたから、どうなっているのでしょうね?

    今度お会いするのが楽しみですよぉ~!!

    初めてお腹を押さえられた方は、まずびっくりしますね。
    「ええええええええっ!」
    って感じでしょうか(笑)。

    でも、これが出来るようになるのが、一番の近道ですね。効果を出すためにはね。

    ありがとうございました。
    2008年04月15日 21:56
  • なるみ

    お兄さん、いつもためになるアドバイスを書いてくださってありがとうございます。
    いつも思いっきりお腹を引っ込めたいあまり、ついつい猫背になってまで息を吐こうとしてしまう私は、改めて気をつけようと思いました。

    あんまりお腹を引っ込めようとして力みが入り過ぎると腹筋がつったり(笑)ふくらはぎがつったり(爆笑)挙句に耳が飛行機に乗った時の気圧の変化で聞こえが悪くなるのと同じようになったり(大爆笑)私はいったい何をしているのでありましょう(^^;)。

    自分のためだけの静かな時間であるはずのチベット体操をドエムな時間にしているのはどこのどいつだ~?
    良い子の皆様はくれぐれも真似しないようにしてください(^^;)
    2008年04月16日 20:57
  • T体操のお兄さん

    なるみ さん
    私では解らないような思いがあって、今のお体になっているのだと思います。

    ですから、簡単にお答えしては、本当はいけないんでしょうね。

    とにかく続けてみましょうね。ご自分なりの答えが出てくるような気がします。
    2008年04月17日 00:28

この記事へのトラックバック