チベット体操 タイミングがずれるのですが・・・

昨日と同じように、【体験講座】での質問です。今回は午後の講座からです。

「基本の呼吸の後、足を上げるタイミングが呼吸とずれるんですけど、いいでしょうか?」

という質問でした。

これは2番の体操を例にとった質問なのですが、これはこれは、かなりしっかりと体操をしてくれているな!!と嬉しくなりました。

その時に みなみさんにも確認したのですが、彼女もそうなんです。ずれるんです。

どういうことか?というと、『若さの泉 5つのチベット体操』には、次のように書かれています。

『鼻からゆっくり深くお腹の底まで息を吸いながら首と足をゆっくりとあげていく。膝は曲げない。』

と、あります。これは日本語に訳された方法なのですが、(私たちは英文で書かれた方法で体操をしています。Bring your chin to your chest. Lift your legs to a vertical. 興味のある方は原書をご覧下さい。)

この、足を上げるタイミングが、息を吸うのと同時ではないんです。なぜか?というと、まず、息がお腹の底に入るのを確認してから足を上げているんです。

その方が、しっかりと息を吸う事が出来るからなんです。

ですから、ほんの少しの時間なのですが、足を上げるタイミングが遅くなるんです。

こんなところまで気をつけながら体操をしていただいている事に驚きました。で、実はご自分でも体操による変化を凄く感じていただいているんです。

このブログを読んでいただいた皆さんも、今晩から呼吸にもう少し意識を持っていって、お腹の底の膨らみを感じてから、第2.3.4.5の体操をしてみて下さい。

少し違った体操になると思います。


興味がある方はどうぞ

「5つのチベット体操」

「原書」


この記事へのコメント

  • 三上紘司

    なんと、世の中にはこのように精細な次元に気づかれる方がいらっしゃるんですね。
    感動です。
    また、学ばせていただきました^^
    素晴らしい。
    体をが動く前に、呼吸が動く。
    体と呼吸の動きの後先を意識してみます。
    いつも、ありがとうございます。
    2008年04月17日 12:24
  • T体操のお兄さん

    三上紘司 さん

    実は、とっても嬉しい質問だったんですよ。

    何度か講座に参加をしていただいているのですが、しっかりと見ていただけているんですね。

    動作自体はほんの短い時間のことなのですが、実際に自分で試してみると、体操が変わってくるくらいの事に感じますよね。

    私たちがやっている体操について、皆さんに知っていただけるいい機会になったような気がします。

    ありがとうございました。

    2008年04月17日 23:43

この記事へのトラックバック