チベット体操 回数のはなし

先日の東京で【体験講座】でこんな質問をいただきました。

「どれか一つの体操だけ、回数を多くしてもいいんですか?」

私はお答え出来るような立ち場にはないのですが、私の経験からお話をさせていただきました。

「実は私は第1の体操だけは21回まわっているんですよ」
「なせか?というと、回りたいからです・・・(笑)」

な~んにも答えにはなってなくて申し訳なかったのですが、本当のことなんですね。

私は21回は何度も行ってまして、体重が落ち過ぎてしまうので、段々と回数を減らして現在は基本の3回です。ここ1年以上は3回しかしていませんが、第1の体操だけはなぜか?21回まわっています。

ですから、もしどれか一つの体操、例えば第4の体操だけ少し多めにしているんですよ ってことも、ありじゃないのかな?って思います。

逆に、第1の体操が苦手なので、少し回数が少ないんです・・というのもありじゃないかな?って思います。

誰かと競争をする体操でなないので、ご自分の体に合った体操を創りあげていけばいいんじゃないのかな・・と感じています。

この記事へのコメント

  • えのきち

    体験講座の時に3回と教えていただいていたのですが、私もやっているうちになんとなくもっとまりたいと思い始め、今のところ9回まわっています。遠慮しがちに9回にしていたんですが、じゃあ、もっとまわりたくなったらまわってもいいんですね!!
    2008年04月30日 00:44
  • 三上紘司

    松下先生、いつも最新の研究成果をオープンにされる姿勢に本物の学者性を感じていました。
    今回などまさにその好例です。

    それぞれの
    ●DNA、
    ●持って生まれた体質や気質、
    ●環境
    ●体調、
    ●体操の上達具合、
    ●その他、
    に応じて5チャンネルのボリュームを
    各自自由に3から21まで変えることができる。

    私は音楽が大好きなので、音楽のときに使うイコライザーやシンセサイザーをイメージしました。

    いずれ、自由自在です。

    いつも新しい学びをいただきます。
    ありがとうございます。
    2008年04月30日 13:58
  • T体操のお兄さん

    えのきち さん
    ご自分のお体と相談しながら、回数を上げて下さいね。ご自分の一番気持ちのいい回数でいいんじゃないかと思います。

    くれぐれも、無理のない回数でお願いしますね。

    2008年04月30日 23:50
  • T体操のお兄さん

    三上紘司 さん
    いつもありがとうございます。

    5チャンネルのボリュームという表現はわかりやすくていいですね。

    その時その時で、自分にとって心地よいボリュームって、きっとあるんでしょうねぇ。
    2008年05月01日 01:21

この記事へのトラックバック