チベット体操 お寺がよく似合う

昨晩から浜松市引佐町にある方広寺 奥山半僧坊 で行なわれた『めだかの大学院』に出席してきました。

いつもは『めだかの学校』なのですが、15周年を記念して今回は『大学院』になりました。

この学校、遅刻をすると後ろに立たされるんです(笑)。

昨日は都合で参加が遅くなり、夕飯あるかな?と思ったら一つ残してくれてありました。広い食堂で一人で精進料理をいただき、その後に講義に参加させていただきました。

「おっ、いいところに来た・・」とばかりに、早速自己紹介です。その後、少し時間をいただいて、調子に乗って呼吸法を5分間くらいさせていただきました。

例によって、丹田まで意識を下げていったのですが、80名くらいの方が一緒にするとすごい迫力です。

今回参加させていただいた目的の一つは、翌朝6時からの『座禅』だったんです。

5時半に起床して、いよいよ本堂での『座禅』です。

最初に『座禅』について、ありがたい説明をいただきました。気持ちの持ち方、姿勢、息の仕方などをわかり易く教えていただきました。

驚いたのが、昨晩皆さんの前で説明したことが、ほとんどそのまま出てきたことでした。

その後、30分の『座禅』に入りました。呼吸に意識を向けながらの、素晴らしい時間となりました。

終了した後、皆さんは朝食に向いましたが、先程教えていただいた僧侶に
「もう15分 座ってもよろしいでしょうか?」

とお願いしたら、快い返事をいただきましたので、本堂で体操をさせていただきました。
(座ってないって言われそうですが・・・)

広い本堂で、たった一人で 特別な時間に 入る事ができました。

それはそれは 夢のような 15分となりました。

本堂でのチベット体操が、そこの空気と解け合って、何一つ違和感がないのを感じます。

本堂を流れる風のように、自然と通り過ぎて行くんです。

体操を終わらせて元の時間に戻った時には、今までにないものを感じました。

私たちの体操が目指しているものが、はっきりと確認できたような気がしました。

その後、朝食をいただきましたが、昨夜の食事と一緒で、消化にいい食事だと、改めて思いました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック