2013年02月16日

チベット体操 妊婦さんは体操をしても大丈夫なんでしょうか?

「6ヶ月の妊婦さんなのですが、チベット体操をしても大丈夫なんでしょうか?」

という質問をいただきました。

このブログを読んで下さっている方の中にも、そういう方がいらっしゃるかも知れませんね。

安定期の妊婦さんといっても、それぞれで状況が違うと思うので、まずは掛かり付けの先生に相談をしていただくようにお願いをしています。

そこでOKが出たとしても、体操自体は無理のないよう、手が滑ったり足が滑ったりしないような、代替えの体操をお薦めしています。

呼吸に関しては、これも無理のない呼吸をお願いしています。

本人が気持ちよく感じたら、きっとお腹の中でも気持ちよく感じてくれるのではないかな?と思います。
それが一番大切なことだです。

私たちの周りでは、数人の方が妊娠中も体操を続けられた方がいます。中には体操をしながら二度の出産を経験された方もいらして、ご自分の経験を活かされて臨月まで体操を続けられました。

こんな方は稀だと思われますが、お話を伺うと、チベット体操が役に立ったという嬉し報告をしていただきました。

くれぐれも、無理のない体操と呼吸をお願いします。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:33| Comment(0) | 女性ならではのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

チベット体操  二度目の妊娠中でのチベット体操

嬉しい再会がありました。

今日は、浜松駅前中日文化センター浜松でのチベット体操講座がありました。4年前、この講座を受講していただいた女性がいました。

明るくて、とても素敵な女性で、いつも講座を楽しくしてくれるような存在でした。
その彼女が妊娠をし、出産ギリギリまで講座に通ってくれました。

出産の為に講座を受講できなくなってから、一時期音信が途絶えました。しかし、ふとしたことでネット上で再会をし、お会いすることになったんです。で、今日3年ぶりご対面••となりました。

雨の中、ベビーカーを押して登場した彼女、ベビーカーには3歳になる可愛い娘さん。そうして、ご自身は妊娠8ヶ月のお腹をされていました。

相変わらず素敵な女性で、聞くところによると毎日チベット体操は続いているとのことでした。
20120514ちかさん.jpg
毎日の体操の中で疑問を感じるところがあり、自分なりに答えを出しているのですが、それでいいのかどうか?会って話したいと思われていたそうです。

一人目を出産するまでは、講座で教わった体操をするだけのような状態だったらしいのですが、出産後体操を再開してからは、それまでとは違う感覚になったそうです。

ですから話が始まると、
「あの体操のこの場面は、どこをどのように意識していますか?」
というように、とても具体的な質問ばかりでした。

「もしかしたら意識の仕方で出来る体も違ってくるように思えますがどうなんでしょう?」

「実は、主人から最近言われたのですが、お尻が今まで付き合ってきた中で一番奇麗なように思うって言われました。これも、息を吐き切る時の意識の持って行き方の結果のような気がするんです。」

凄いと思いませんか?二人目がお腹に入っている今が、以前よりいいお尻をしていると言われたんですからね。

とにかく、毎日体操をしていなくては湧いてこないような質問ばかりで、私たちにとってはとても嬉しいことでした。

なぜか?って、私たちが通ってきた道を、ちゃんと後から付いてきてくれているような気がしたんです。

チベット体操を始めてから妊娠をして、出産間近まで体操を続けて、無事に初めての子供を出産。その後チベット体操を再開して二人目を妊娠。現在妊娠8ヶ月までチベット体操を続けているという状況です。

彼女のこの状況って、これから結婚出産をするであろう女性にとっては、とても貴重な体験(情報)なんだと思うんです。

この先、二人目の出産、再開をした時の体の変化の様子。第一子の時との違い等は、私たちでは体験できないことばかりなんです。

ですから、この先もしっかりと観察を続けて、報告をしてくれるようにお願いをしてきました。

*
もし、チベット体操をしていらっしゃる方が妊娠をされて、この記事のように体操を続けたいと思われている方は、先ずはお医者さんとご相談くださいね。

(*以降の文章は、記事アップ後修正をしました。)
posted by T兄さんtoT姉さん at 01:36| Comment(0) | 女性ならではのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

チベット体操 今から始めることで予防になる

「バスケってね、腰を低くして動くものだから、骨盤が開きやすくて、尿漏れをおこしやすいんですよ」

って、見るからに現役ばりばりに近いような女性から話を聞く事ができた。

「バスケの仲間内では、よくそんな話になるんですよ」

彼女は国体に出た事もある方で、現在は一人の母親、お腹の中に新しい命が宿っています。年齢は三十代中頃、健康的でとても素敵な女性です。

イスに座っている格好が、バスケの試合で出番を待つような姿勢で、本当に板についている。

若い時には相当体を鍛えたと思われる女性から、まったくもって意外な話題が出てきた。

私たちは息を吐き切る時に、こんな動作を入れ始めたら、尿漏れが改善されたという報告も受けているんですよ。試しにやってみますか?

そこからはT体操のお姉さんが直接指導で、自分の体に触ってもらったりしながら、解りやすく説明をしてくれた。

「何となく感じはつかめたので、続けてみます」

さすがにアスリート、すぐにご自分の体に置き換える事ができたみたいだった。

これは、先月四国に行った時の一場面なのですが、最初に書いたように、全く必要ないと思われるような方からのお話だったので、私たちにとってはとても勉強になったんです。

若いからまだだ大丈夫 ではなくて、 若いから今から始める事で予防になるんですよね。
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:11| Comment(2) | 女性ならではのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

チベット体操 体操は二の次にね

今年の1月6日に高松で始まった2008年のチベット体操講座も、残すところあと1回になりました。

今週は、火、水、木、金とそんな挨拶をしてきました。参加をしていただける方の中にも、この一年で色々な面で変化のあった方が多いと思います。

その中でも、この方は大きな変化を迎えたお一人だと思います。

9月中旬に講座をお休みしますって連絡をいただきました。そのメールにはこんな事が書かれていたんです。

*****
そして、ビックリ変化と申しますと
以前、お二方からお伺いしていたように
腹筋の両サイドに「縦線」が出現しました〜Σ(-◇-!)

なので、真ん中の線も含めると
合計3本…

といっても、まだ薄っすらとではありますが
でも、確実に存在しています!

こりゃあ、あまりの目に見える劇的な変化で
自分自身すんごくビックリしてしまいましたので
ついついご報告差し上げたいと思ってしまいました!

こんなくだらないことでメールしてすみません(^‐^;)

でも、この半年で確実に自分の体操が
深化していると感じている今日この頃です。

******
で、次回は出ますからねぇ〜 という人柄そのもののお元気なメールだったんです。

その後、約2ヶ月講座に出て来られなくて、どうしたのかな?と思っていたら、今週顔を出していただいたんです。

そこで、実は一緒に体操をしている皆さんに報告があったんです。

実はお腹の中に新しい命が生まれて、大きくなってきているんです。『つわり』がひどくて、やっと落ち着きました・・という事だったんです。

しかし、彼女はチベット体操をやめたくはなかったので、担当の医師にお聞きしたそうです。
写真を見せて
「妊婦でもこんな体操をしてもいいでしょうか?」すると
「ご自分のお体と相談して下さい」と言われたそうなんです。

彼女は、自分の体と相談をして、今週出てきていただいたのです。

現在4ヶ月というお話でした。

「無理は絶対にしないで下さいね」
ということで、かなり気を使いながら体操をされていました。

体操の後で、「体が楽になりました」というお話でした。

私たちにとっては、実は初めての事ではなく、かなりお腹が大きくなってもチベット体操をして、お元気なお子さんを出産された方もいらっしゃるんです。

しかし、体操中に手が滑ったり、足が滑ったりすることも考えられるので、本当に慎重にするようにお伝えしました。

彼女と同じような経験をされる方、あるいはしている方もいらっしゃると思います。

時々彼女の経過と体操の様子についてお知らせをいただいて、できたら記事にできたら・・と思います。
体験談は、多くの方の知りたい部分だと思います。

本当に無理だけはなさらないように、ご自分の体と相談してご判断下さいね。

いつも書くのですが、深い呼吸に愛情をたっぷりと込めて、思いを新しい命に送っていただくだけでもじゅうぶんじゃないかなって思っています。
posted by T兄さんtoT姉さん at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性ならではのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

チベット体操 すっぴん のはなし

お待たせしました。みなみさんから 『すっぴん』の はなしです。

-----------------------

1年365日 私はお化粧することは ほとんどありませんと言いますか お化粧していません
朝は水で顔を3回洗います

偶然ですが小学生の時から顔は3回洗います 
それ以下でもそれ以上でも駄目です
このときから どうも基本は3回だったようです

実は3つ下の妹も同じで 2人してすっぴんなのであります

そんな妹も妊娠をきっかけにシミが気になりだしたようですが。。。
とある雑誌に

「フランスの女性はお化粧といってもその人なりに自分にあったようなお化粧をし
 しみ や しわも歳を重ねてきた証だと それほど気にはしないそうだ」

とあったそうで そりゃそうだと勝手に納得した妹は
「私フランス人になろう!」とのんきなことを言っておりました

私はといいますと、もちろん乾燥が気になることもありますから その時は化粧水をつけたり その他お手入れも たまにはやりますが

毎日顔の体操をし いつも笑って(?) いっぱい酸素をとりこんで 肌を維持していけてるのかなぁと思っています。

シミができたらできたとき これも私です(いつまで こんな偉そうのことが言えるのか......)

この先 体操を続けていって 肌もどうなるのか楽しみです!

posted by T兄さんtoT姉さん at 23:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 女性ならではのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

チベット体操 自然のリズム みなみの場合

今日は十五夜、明日は満月ですね。
今宵のお月様も素敵です、幸せな気持ちで眺めていました。

先日の記事にもあった「効き」ですが 今だ効いているようです。
この「効き」は身体の締まり具合だけではないようです。私の場合です が。

私はいつも 生理前になると体重が、がっつり2キロほど増加 し、お腹周りが「ぷよっ」っとします。それが先月と今月はこの「ぶよっ」がなく生理前もスッキ リとしていたのです。

体重の増加もありませんでした。

ぶよっとしたお腹でピンクのウェアを着るのは、どうかなぁとも思うの ですが、これもまぁ私の自然な身体ですから、みっともないかもしれま せんが最近では気にしていません(笑)。
お兄さんからの「お腹出てるよ」のツッコミにも、めげなくなりました (笑)。

そして毎月ほぼ決まった日にきていた生理が少しずつ早くやってくるのです。

去年の今頃も同じように毎月毎月4日ずつ早くやってきました。
これは12月までこれが続きました。

不思議なリズムです。
身体が何か調節しようとしているのかなぁ・・・でも私にはさっぱりわ かりません(笑)

早くきても身体の調子はいいので心配はしていませんが。
今年はいつまで 続くんだろうか・・・観察 観察
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 女性ならではのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

チベット体操 月経期の体操は?

普段の私が行っている講座の時にも、必ずといってよいほど話題になる ことなのですが

「月経期の体操はどのようにされてますか? 月経期の時は体操 してもいいんですか?」

など女性ならではのご質問をいくつかいただきました。
私は医療関係のことは、ま〜ったくわかりませんので、いつも私の経験の中の範囲でお答えさせていただいています。

月経期の体操ですが、チベットクラブの講座を受けてくださった方は聞 いたことがあると思いますが お兄さんがいつも しつこいくらいに (笑) 言っています。

「これは無理をする体操ではありません。決して無理をしないでくださ いね」と。
月経期もこの通りだと思います。

月経前 月経期など人それぞれ皆さん違った身体の反応があるでしょう?

身体が重い、気分がのらない、月経血の量が多いからあまり動きたくな い、腰が痛い、頭が痛い等・・。
そんな時は、思いきって体操をお休みしても良いと思います。私はそのようにしています。

ご自分の身体は ご自分が一番よくわかると思うんです。
今日は体操できるかなって。

女性は 月経、妊娠、出産、閉経、更年期等々 男性よりもたくさん身 体の変化があると思います。私自身もまだ経験したことないことが た くさんありますし・・・。これからの身体の変化と体操がどんなふうに 関わってくるのか興味があります。自分の身体で実験中です。

私は体操を始めて月経期の身体の反応が変わったこともいくつかありま すが、このお話は また次回。
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 女性ならではのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする