2013年07月06日

チベット体操 いつするのが効果がありますか?

今月からチベット体操講座を受講して下さる方が、こんな質問をしてくれました。

「チベット体操は、いつするのが効果がありますか?」

「私の場合ですが、朝だと思っています。どうしてか?というと、私は朝と夜に体操をしています。ある時仕事が忙しくて、三ヶ月くらい朝の体操が出来ない時があったんです。そうしたら、顔がおっさんに見えると言われました。朝の体操をするのとしないのとでは、私の場合はそれくらい違うんです。」

こんなお話をしました。

これについては、個人差があると思いますので、私の場合と思って下さいね。

生活のペースが人それぞれに違いますので、まずは出来る時間に体操をしてみてはどうか?と思います。
posted by T兄さんtoT姉さん at 20:11| Comment(0) | 出前講座での質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

チベット体操 お酒は飲むんですか?

講座では色々な質問をしていただけるので、非常に楽しいのですが、今日は最近の質問で面白かったものを書かせていただきますね。

Q:お酒は飲むんですか?(先週のワークピア磐田で)

A:飲もうと思わないんです

実は、この話はこのブログのどこかに書かれていますが、簡単に書きますね。
数年前の夏の暑い日のこと。それも浜松市の隣の天竜市(現在は浜松市です)が日本で一番暑かった日のこと。

みなみさんから 電話が入ったんです。
「兄さん 私 おかしい?」
「どうしたの?」
「わたし ビール 飲めなくなったんよ」

実は彼女、ビールが大好きで、夏の暑い日には 夕飯の準備しながら  キンキンに冷やしたビールを飲んでいたそうな。

ところが、ある日 キンキンに冷えたビールを目の前にして、飲もうと思わなくなってしまったんです。それも、隣の町が日本で一番暑くなった日にね。

でもね、その話を聞いて、私は
「きたきた!!」
と思ったんです。

実は私も ある日突然 飲もうと思わなくなったんです。

間違ってはいけません。
飲めなくなった訳ではないんですよ。飲もうと思わないだけです。
飲もうと思えば飲めます。先週の森の祭りでは、彼女は缶ビール5〜6本飲んでました(笑)。

理由は解らないのですが、飲みたいと思わないんです。
じゃ、何を飲んでいるの?

という事になるのですが、何だと思いますか?

缶コーヒー?  -- 買ってまで飲みたくないです
スポエネ系? --  甘過ぎます
コーラ? -- 飲んだ事ないです

実は 『お白湯』なんです。
水筒に入れて持ち歩いています。

ほんま、安上がりなチベットクラブなんですわ!
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:48| Comment(0) | 出前講座での質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

チベット体操 チベット体操で筋肉は付くんですか?

日曜日から始まった 中日文化センターぎふ での講座で、こんな質問をいただきました。

「先生の体は、スポーツジムみたいな所でできた体で、チベット体操でつくった体ではないですよね?チベット体操でジムに通って(ウエイトトレーニングという意味です)つくるような筋肉はできるんでしょうか?」

「私の体はいかがですか? 私はチベット体操以外のことは何もしていないんですが・・・」

「えええっ、信じられない」

「みなみさんも、段々と私の体に似てきているんですよ」
(そこで、みなみさんのビフォアの写真を皆さんにお見せして、実は彼女も段々と筋肉がついてきているという話をしました。)

その男性は、ご自身で色々とやっているのですが、なかなか体も変化しないというお話をしていただきました。

「私は、実は体重が70キロ近くまでいって、チベット体操で57キロ台まで落ちたんです。これではいけないというので、しっかりと食べて今の63キロ付近まで戻したんです。」

「体重が戻ってくる時に 今のような筋肉が付いてきたんですよ」

というお話をさせていただきました。

これは本当のお話なんです。

みなみさんも、自分が体験したこともないような体重になってしまい、怖くなって、しっかりと食べて、段々と体重を増やしてきたんです。

彼女の場合は、現在下半身がかなり変化をしています。

お帰りになるまで、私の体については半信半疑のような感じでしたが、私たちの体は、チベットクラブのチベット体操だけでできた『純粋なチベット体操体型』だと、自信を持って言うことができます。

ですから

私たちチベットクラブのチベット体操で、筋肉は付いてくると思います。ただし、時間がかかります。

というお答えになるんです。

ここ2年間は、年間200回以上講座を開いており、ジムに通うような時間はまったくないんです。
ラベル:体の変化
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:28| Comment(2) | 出前講座での質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

チベット体操 回数のはなし

先日の東京で【体験講座】でこんな質問をいただきました。

「どれか一つの体操だけ、回数を多くしてもいいんですか?」

私はお答え出来るような立ち場にはないのですが、私の経験からお話をさせていただきました。

「実は私は第1の体操だけは21回まわっているんですよ」
「なせか?というと、回りたいからです・・・(笑)」

な〜んにも答えにはなってなくて申し訳なかったのですが、本当のことなんですね。

私は21回は何度も行ってまして、体重が落ち過ぎてしまうので、段々と回数を減らして現在は基本の3回です。ここ1年以上は3回しかしていませんが、第1の体操だけはなぜか?21回まわっています。

ですから、もしどれか一つの体操、例えば第4の体操だけ少し多めにしているんですよ ってことも、ありじゃないのかな?って思います。

逆に、第1の体操が苦手なので、少し回数が少ないんです・・というのもありじゃないかな?って思います。

誰かと競争をする体操でなないので、ご自分の体に合った体操を創りあげていけばいいんじゃないのかな・・と感じています。

posted by T兄さんtoT姉さん at 23:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 出前講座での質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

チベット体操 どれがどこに効くの?

今回も先日の【体験講座】東京での質問です。

「どの体操が体のどこに効くのでしょうか? 」

という、質問をいただきました。
皆さん、非常に興味のある部分だと思います。

いわゆる『効能』ですよね。

例えば、『第4の体操がヒップアップにつながります』
(例えばですよ)、というお話なら、第4の体操ばかりを続ければヒップアップになるのか?
という話になるじゃないですか。

皆さんどう思われますか?

私たちは ちょっと違う ような気がしているんです。

確かにそういうこともあるのかも知れないけれど、1番から5番までを通して体操を続けているうちに、そういう効果が出てくるものだと思うんですね。

私たちには『チベット体操』しかお話ができるものはないんですね。その中で、これだけ体が変化をしても、「どの体操が何に効くのか?」なんて、とても言えないんです。

逆に、なんでそんな事が言えるの?くらいに思っているんです。

しかし、これだけ変化をしている訳ですから、『効果』をお伝えすることは出来るんです。
それが、このチベットクラブのブログの内容になっている訳です。

このブログを読んでいただいている皆さんが欲しいのは

『効能の知識』じゃなくて、ご自分の体に『効果があったという事実』だと思います。

『若さの泉 5つのチベット体操』の著者あとがきに出てくる、

この体操を実践して効果を得た人達にとって、この物語が空想であるか事実であるかは問題でなくなりました。

という、この部分が一番大事だと思うんです。じゃ、どうすればそんなふうになれるんでしょうねぇ?

私は、『受け入れる』ことだと思います。

ラベル:効果
posted by T兄さんtoT姉さん at 10:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 出前講座での質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

チベット体操 丹田って どんな場所?

4月13日の記事のコメントで
「丹田について教えて下さい」って、コメントをいただいていましたね。

いろんな方が丹田について語っておられると思うので、私みたいなのが正確な答えを語ることは出来ないと思いますが、思っている事を書かせて下さいね。

私は『丹田』というのは、意識の『場所』だと思っています。物理的に存在していて見えるような場所ではなくて、かといって何もない訳でもない。確かにそこには何かしら置く事が出来るような場所みたいなものだと思うんです。

あるいは、そこには何かしら集まってくる(いる)ような場所なんじゃないのかな?

だから、そこを意識する事によって、例えば深い呼吸をする時に作ったイメージ、思いみたいなのもが、そこに集まっている何かとつながって、動き始めたりするんじゃないのかな?って思います。

いつの間にやら形づくられてきて、ある日目の前に現れる、気がつくというような事がおきるんじゃないのかな?

丹田まで入れた空気、実は空気は肺に入る訳ですよね。横隔膜を下げてまで丹田に入れたのは、実は空気ではなくて、『思いの詰まった意識』なんじゃないのかな?
ラベル:丹田
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:58| Comment(7) | TrackBack(0) | 出前講座での質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

チベット体操 タイミングがずれるのですが・・・

昨日と同じように、【体験講座】での質問です。今回は午後の講座からです。

「基本の呼吸の後、足を上げるタイミングが呼吸とずれるんですけど、いいでしょうか?」

という質問でした。

これは2番の体操を例にとった質問なのですが、これはこれは、かなりしっかりと体操をしてくれているな!!と嬉しくなりました。

その時に みなみさんにも確認したのですが、彼女もそうなんです。ずれるんです。

どういうことか?というと、『若さの泉 5つのチベット体操』には、次のように書かれています。

『鼻からゆっくり深くお腹の底まで息を吸いながら首と足をゆっくりとあげていく。膝は曲げない。』

と、あります。これは日本語に訳された方法なのですが、(私たちは英文で書かれた方法で体操をしています。Bring your chin to your chest. Lift your legs to a vertical. 興味のある方は原書をご覧下さい。)

この、足を上げるタイミングが、息を吸うのと同時ではないんです。なぜか?というと、まず、息がお腹の底に入るのを確認してから足を上げているんです。

その方が、しっかりと息を吸う事が出来るからなんです。

ですから、ほんの少しの時間なのですが、足を上げるタイミングが遅くなるんです。

こんなところまで気をつけながら体操をしていただいている事に驚きました。で、実はご自分でも体操による変化を凄く感じていただいているんです。

このブログを読んでいただいた皆さんも、今晩から呼吸にもう少し意識を持っていって、お腹の底の膨らみを感じてから、第2.3.4.5の体操をしてみて下さい。

少し違った体操になると思います。


興味がある方はどうぞ

「5つのチベット体操」

「原書」


posted by T兄さんtoT姉さん at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 出前講座での質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

チベット体操 『とほほ』がわからない

先日の【体験講座】の中で、「とほほ がわからないんですが・・・」という質問をいただきました。

この『とほほ』ですが、いつも息を吐き切る時の表現で使っています。

試しに、お腹の底にいっぱい息を吸い込んで、「ほおー」と弱く声を出しながら、最後までお腹を凹ましながら吐いてみて下さい。

段々と声が薄れてきて、それでもお腹を凹ませながら吐いていくと、最後に ほっ ほっ ほ・・・となってきますよね、それです(笑)。

そこまで実は吐き切っていただきたいんです。

くれぐれも、口から吐こうとせずに、お腹で吐いてみて下さいね。

「とほ」まではわかるんですが・・というお話もいただいたのですが、もう少し吐いてみて下さいね。

それと、背筋は真っ直ぐに伸ばした状態でお願いします。お腹を手で押さえてまで吐こうとしないで下さいね。猫背にならないようにしてください。

【しっかりコース】では、「とほほのほ」 まで吐く事をお教えしています。この、「のほ」がとてもに大事で(笑)、あとあとの大きな変化につながるんです。

それにしても、この「とほほ」ですが、ある年代までは、ウケるんです(笑)。確か、何かギャグがあったんですよねぇ〜・・・。
ラベル:とほほ
posted by T兄さんtoT姉さん at 17:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 出前講座での質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

チベット体操 チベット体操だけなんですか?

昨日の事、講座が終わった後で、質問を受けました。

「その体は、チベット体操だけでそうなったんですか?」

私の体が、結構筋肉質である事に対する質問だと思いました。

「実は、私はチベット体操しかしていないんですよ」

って、お答えしましたが、本当にそれしかしていないんですよ。

体をシェイプアップしようとトレーニングジム等に通っている人が見たら、怒れてくるかもしれないですね。決して筋肉もりもりの体ではありませんが、がりがりに痩せている訳ではないと思えます。

でも、脂肪が無駄に付いている訳ではないです。落ちる所は落ちています。

これが、チベット体操だけでここまできたのですからね。自宅の畳一枚の上で、毎日毎日飽きもせずにやっただけですからね(笑)。

継続が一番大切という、サンプルみたいなものです。
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 出前講座での質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

チベット体操 第2の体操で腰に痛みを伴うのですが・・

遠州森町でのチベット体操の拠点となる『森のがぁんこや』。オープン前後のどたばた?に費やした時間を取り戻そうと頑張ってきましたが、今日で何とか一段落。

この一週間の間に、色々なことがありました。時間がなくてこのチベットクラブも書けなかったのですが、その間にご質問をいくつかいただきました。遅くなって申し訳ありませんでした。記事として、使わせていただきますね。

●本のレビューでは「簡単な動きで効果があった・・・・50代男性」などありますが、僕(28歳)には結構難しく、初めてすぐに筋肉痛だらけになってるのですが問題ないのでしょうか?やり方自体が間違ってるのかと不安です。

体操をした後については、普段どのような生活をされているかにもよると思います。ですから、これっ!と言ったお答えは出来ないのですが、ただ一つこれだけは覚えてて下さい。

『無理はしないでください』

無理は長続きしません。出来る範囲内で体操をして下さいね。

●2日目に、決して辛いような感じではないのですが下痢になってしまいましたが問題ないのでしょうか?

この体操って、実は凄く体を刺激しているんですよね。私がお教えした方の中にも、トイレがかなり近くなった方もいらっしゃいますよ。一日〜二日で納まると思いますがどうでしょうか?

●第2の儀式を行うと腰に痛みを伴うのですが、そのうち慣れるものなのでしょうか?

足を真っ直ぐに伸ばして足を上げようとすると、腰に凄く負担が掛かります。
ですから、膝から下については、上げる時に折り畳んで、ぶら下げてもいいと思いますよ。
それでも腰にくるようなら、第2の儀式はやらなくてもいいと思いますよ。

『無理は禁物です』
posted by T兄さんtoT姉さん at 01:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 出前講座での質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

儀式と儀式の『間』はどうしていますか?

今日も浜松北高校しらはぎ会での、出張出前講座でいただいた質問の続きです。実は先日の質問の中で、私にとっては一番衝撃的な質問でした。皆さん、少し違うなー…という思いがしました。

実は、この『間』については、以前も少しお話をしたことがあるのですが、なかなかそこまでは気がつかないんです。やっている間に、自分なりの『間』が出来てくると思うのですが、出前講座で質問されたのは初めてでした。

『若さの泉・5つのチベット体操』の中に、こんな文章が出てきます。以下本文からの引用です。

「効果を高めるに2つのことがある。1つは、リズミカルな深い呼吸をすることだ。儀式を繰り返す間の休息時にも、同じように呼吸することはすでに話した。また、儀式の前、そして各儀式と儀式の間に、腰に手を当てて真っ直ぐに立ち、深くリズミカルな呼吸を充分にすることが役に立つ。」

とあります。もう一つについては、後日書きます。
先日の講座では、最初と最後に立って深く呼吸をすることはお話をしました。儀式と儀式の間については、私がやっている方法をお教えしました。立たないで、次にする動作に行きやすいポーズで呼吸をしていただきました。本のとおりにするのが一番良いのでしょうが…。

このリズミカルな呼吸というのが、なかなか難しいのです。儀式の時だけなら自分なりの呼吸のリズムでやれば良いのですが、全体を通してのリズムとなれば、やはり『間』をしっかりと意識しないとリズミカルではなくなってきます。

ですから、この質問には非常に驚いたんです。2年以上続けていてやっと分かりはじめてきたのに、初日で質問をされたのですからね…。
posted by T兄さんtoT姉さん at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座での質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

チベット体操 部分痩せって可能ですか?

今日も浜松北高校しらはぎ会での、出張出前講座でいただいた質問の続きです。

「部分痩せって可能ですか?」
と、いう質問をいただきました。こればっかりは私ではお答えのしようがなくて、
「長い年月をかけて付いてきたものを、部分的にだけ無くそうというのは自分勝手な話だと思います…」
と、お答えをしたような気がします。あれ以来、ずーっと考えていたのですが、やはり私ではお答えのしようがないですね。しかし、付いた脂肪の方も、全体のことを見ながらそこに付いたのじゃないかな?と思います。だから、それを戻そうと思うと、やはり全体を見ながら落としていくしかないんでしょうね。
だから、5つのチベット体操を3回で結構ですから、続けていただきたいと思います。きっと、気にされている部分が、なくなってくると思います。その他の部分もご自分の身体にあった姿に戻ると思います。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座での質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

チベット体操 腹式呼吸でむせるんです

今日も浜松北高校しらはぎ会での、出張出前講座でいただいた質問です。多分高木会長さんから質問をいただいて、先日も書いたような気がしましたが、これに関係のある嬉しい書き込みが掲示板にあったので、了解していただきましたのでここに紹介します。

今日、ボイストレーニングのレッスンにいきました。
当然、腹式呼吸をみっちりやるのですが、チベットのおかげで自分の呼吸がいまどこに入っているのか意識の中にしっかり入っているため、とても興味深く自分と先生の違いを観察することが出来ます。
歌うために吸うので、やたらなはき方をしてはいけません。声を出すことは、はくことだからです。
腹式呼吸というと、吸う方に意識をもっていきがちですが、「はく」ということがいかに大切か思い知らされました。

それにしても、このときばかりはチベットに、そしてのぶさんに感謝します。
以前、第3の体操のときに「むせる」と私いいました。
それに対してののぶさんの回答が、全てです。
「吸おうと意識しないで、丹田を膨らます感じで・・」とアドバイスをうけましたよね。
はくことも一緒でした。はこうと意識しないで、丹田をへこます感じです。
これに声帯が重なると、ラクに歌えるはずなんだよね。
こっちの方はまだ先がながーい!

「はく」時のイメージは、練り歯磨きのチューブを握ると口元から歯磨きがにゅッと出てきますが、その感じですね。
「すう」時のイメージは、丹田で大きく吸って、吸われる空気がたまたま喉を通っている…という感じですね。

よしえさんは、8月28日の森町大門で出張出前講座で指導しました。この時の皆さんが、続けてていてくれて、女性4人は全て変化が出てきています。
尚、彼女は『ジャズシンガー』を目指して頑張っています。先日行われた『浜松ジャズデイ』で、フォルテの前でトップバッターとして歌ってくれました。
実は、当日その後に歌った鈴木麻美さんも、28日午前の出張出前講座にいらしてたんです。お二人とも素敵な女性で、もっともっと若返って頑張ってもらいたいです。
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座での質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

チベット体操 どこのチャクラを刺激するのですか?

再び浜松北高校しらはぎ会での、出張出前講座でいただいた質問に戻りましょう。今回は本当にするどい!質問が多かったです。これも「チャクラってなんですか?」と質問をいただいた方の続きです。

Q:「今日教えていただいた体操は、どこのチャクラを刺激するのですか?他のチャクラを刺激する方法はあるのですか?」

私は「主に第1〜4のチャクラ」だと思いますとお答えしました。その時に、実は「第5のチャクラを刺激する方法は」と言って、「できるだけ低い声でミー・ムー」と声を出すことです…とお話をしました。

その話は、8月15日、16日に『男性向けの話』として載せてありますからご覧下さい。今日は他にも『若さの泉・5つのチベット体操』の中にそのことについて書いてありますので、ご紹介をします。以下、本文からの引用です。

「ラマ僧達は、時には何時間にもわたって、低い声でいっせいに朗唱する。この目的は、朗唱すること自体や唱える言葉の意味にあるわけではない。声を振動させること、そして7つのチャクラに与える影響が大切なのだ。
数千年前、ラマ僧たちは『オームー……』という音の振動がとくに力強く、かつ効果があることを発見した。
男性、女性を問わず、毎朝少なくとも数回この音を朗唱すると、きわめて有益であることが分かるだろう。日中でもできる時はいつでも繰り返す、よりいっそうの効果がある。
まずゆっくりと立ち、肺に一杯空気を吸い込んで、すべての息をゆっくりと放出しながら、『オームー……』と1つの音を発声する。『オー』と『ムー』の長さはだいたい半分ずつにする。『オー』という音で胸腔が振動し、『ムー』という音で鼻腔が振動するのを感じること。
この単純な運動が、すべての7つのチャクラの調整に大いに役立ち、開始した直後からその効果は分かるでしょう。忘れないでほしい。重要なのは、声の振動であって、朗唱することや音の意味ではないのだ」

と書かれています。私は毎晩お風呂で何回か試しています。まだ人に言えるほど効果については言えません。しかし、『ムー』という音で鼻腔を振動させるのは難しいです。『ムー』よりももっと『ンー』に近い発音、音ではないかな?と感じています。
皆さんも試してみて下さい。
尚、これは、生殖腺のある第1のチャクラ、頭部にある第6、第7のチャクラの回転を高めるのに効果があります…と書かれています。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座での質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

チベット体操 チャクラってなんですか?

先日の浜松北高校しらはぎ会での出張出前講座では、色々な質問をいただきました。時間の関係もあり、簡単にお答えしたものもありますので、答えることができる範囲で書かせていただきます。

Q:チャクラってなんですか?
人間の身体には7つの気の中心点があるといわれています。先日は、7つの大切なツボと思って下さい…とお答えしました。今日は、『若さの泉・5つのチベット体操』の本の中に書かれている部分を紹介します。以下本文からの引用です

「僧院で最初に習ったの重要なことは」大佐は語り始めました。「人間の身体には、7つのエネルギー・センターがあるということだ。英語では、ヴォルテックス(渦巻)とでも呼べばいいだろう。ヒンドゥー教では、チャクラと呼んでいる。それは強力な磁界で、目には見えないが、実在するものだ。7つのチャクラの中心には、それぞれが人体のホルモンを司る内分泌線にあり、ホルモンの分泌を促進する働きをしている。老化の過程も含めて、人体機能の全体を統制するのが、こういったホルモンだ。

いちばん低い場所にあるチャクラ、つまり第1のチャクラは、生殖腺にある。第2のチャクラは、腹部の膵臓のところにある。第3番目は、みぞおちあたりの腹蔵にある。第4のチャクラは、胸もしくは心臓の胸腺にある。第5番目は、首の甲状腺にある。第6番目は、脳の後基底部の松果腺にある。そして第7番目、一番高いものが、脳の前基底部の脳下垂体にある。

健康体の場合には、チャクラはそれぞれが早いスピードで回転し、『プラーナ(気息)』または『精神エネルギー』と呼ばれる活力に満ちた生命エネルギーを製造し、内分泌線をとおして上へ上へと送り出している。だが、1つもしくは複数のチャクラのスピードが落ちてしまうと、活力に溢れた生命エネルギーの流れは抑制されてしまったり、通り道をふさがれたりする。その別名が、老化であり、不健康なのだ」

と書かれています。つづいて

回転するチャクラは、健康な人であれば、肉体を越えて外に向かって発散している。だが、老人や身体が衰弱した人、それに病人の場合には体表まで到達しない。若さと健康と活力を回復する早道は、これらのエネルギー・センターの回転を再び正常に戻すことだ。そのために5つの簡単な体操がある。どれ1つをとっても役立つのだが、最良の結果を得るためには、5つの全部が必要だ

とあります。実はこれが『5つのチベット体操』なんです。

最初の『チャクラってなんですか?』という質問の答えからは、かなり発展してしまったような気がします。ヨーガをやっている人とか、ニューエイジ(こんなふうに使って良いかな?とも思いますが)と呼ばれる本を読まれている方には、おなじみの名前だと思いますが、耳慣れない言葉ですね。キャロライン・メイスの『7つのチャクラ』という本もあります。新しい本も出ているようですが、私はまだ読んでいません。興味があれば一読することをお薦めします。

7つのチャクラ.jpg
■書籍データ
7つのチャクラ―魂を生きる階段 本当の自分にたどり着くために
●キャロライン メイス (著), Caroline Myss (原著), 川瀬 勝 (翻訳)
●価格:¥1,995 (税込
● 単行本: 302 p ; サイズ(cm): 19 x 13
● 出版社: サンマーク出版 ; ISBN: 4763192329 ; (1998/08)

◇レビュー
内容(「MARC」データベースより)
受け入れれば蘇る。病、死、人間関係、心の傷。目をそらさず人生を見つめたとき、すべては変わる。直観医療者として病気や人生の危機の根本にある感情的、心理的、霊的なエネルギーに目を向けてきた著者が語るいのちの真理。

目次

第1部 直観医療に目覚めたとき(私の目覚めの旅気の医学と直観)
第2部 7つのチャクラ―魂を生きる階段
第1チャクラ―集団の力
第2チャクラ―人間関係の力
第3チャクラ―内面の力
第4チャクラ―感情の力
第5チャクラ―意志の力
第6チャクラ―理性の力
第7チャクラ―霊性とのつながり)
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座での質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする