チベット体操 全て忘れて体操を

一昨日の12日(日)に、遠州森町の森町児童館 子育て支援センターからの依頼で、チベット体操講座を開きました。

今回対象となったのは、『子育て中のお母さん』でした。

『子育て中のお母さん』というだけあって、託児(無料)も準備されていました。
そのため、時間も10:00~11:00という1時間という制約がありました。

どう進めようか? と考えて、

呼吸法 → 一つひとつの体操 → 通しの体操

と、私たちにとっても初めてのことだったのですが、トライしてみました。

理由はいくつか上げられるのですが、若いお母さんたちだから

・体操を覚えるのに時間はかからないだろう
・束縛されない静かな時間が必要だろう・・・

と思い、このような内容にしたんです。

実際に会場にいらしたのは、本当に若いお母さん達ばかりでした。
「独身です」って言っても、誰も疑わないような素敵な女性ばかりでした。

事情を説明して、余計なことは言わずに呼吸法に入りました。


何が一番問題か?
私が面白くもない、余計な話をしてしまうのが、一番の問題だったんです(笑)。

「兄さん、絶対に 余計なこと言っちゃ ダメよ!!」
「特に、ココと アソコと アソコね!!」

みなみさんに、念には念を押されていたので、ココと アソコと アソコはしっかりクリアして、先に進みました。

最後に、1番から5番までの 通しの体操 を体験していただきました。
どんな気持ちで体操をするかをお教えして、回数は2回だったのですが試してみました。

初めてのことで、どうなるか?不安でしたが、皆さんしっかりと最後まで集中して、体操を終えることができました。
090713hoken.jpg
思わず、パチパチパチ と拍手をしてしまうほどでした。

今後のことをお話しして無事終了。
思わず時計を見たら 11時丁度でした。

みなみさんを見て、にやり
 「な、時間に終わったやろ!」

「何言うとん、あれだけ念を押したのに、ココと アソコと アソコ以外はいつものように余計なことを言うたやん!」

「ええんよ ええんよ 時間内に終わったんやから・・・」

着替えて 児童館に挨拶に入って行ったら、先程のお母さん達が、子供さんと遊んでいました。

「本当に こんな小さな子供さんの お母さんなんだぁ~」

と、何もかも忘れて過ごした時間とは違う顔の、若いお母さん達を見ることができました。

一日5分でも10分でもいいから、ご自分のためだけの時間を過ごして下さいねぇ。

"チベット体操 全て忘れて体操を"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: