チベット体操 ○のお陰です

今日は浜松駅前の浜松中日文化センターでのチベット体操講座がありました。

この講座は,隔週の講座で月に2回の講座です。2006年の4月から始まっているので、かれこれ6年目に入るんですね。

今日は、私が手を出して丹田呼吸の再確認をしていました。ある女性の時に『前とは何か違う』ことが直ぐに解りました。

「以前とはお腹の状況がかなり違うんですが、何かしましたか?」
とお聞きしたら、
「これのお陰です」
と、左右の人差し指と親指をつなげて、○を作ってくれたんです。
「続けていただいているんですね、ありがとうございます」

こんなことがあったんです。
○は『声のCD 』のことだったんです。

前々回の講座の後にお渡ししたので、今日が4週間目だったんですね。

約一ヶ月間続けてくれたということなんです。
「ちょうど15分なので、時間の計算ができるんです。」
「何も考えずに、目をつぶって体操をしているんですよ」
 って言ってくれました。

すごく気に入っていただいているようで、本当に作って良かったと思いました。
この先が楽しみになってきました。

以前記事にもしましたが、実際にCDを聴きながら体操を続けている途中経過みたいなことの報告をメールでいただくようになりました。

ずっと続けていただけたら、このブログに書かれているようなことが、ご自分の体で体験できると思います。

いつも言いますが、チベット体操は特別な人がする、特別な体操ではないんです。
誰でもできて、誰にでも成果は得られるんです。

もちろん『続けていただけたら』ですけどね。
あとは、するかしない!?だけです。

"チベット体操 ○のお陰です"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: