チベット体操 未来に立っている

♩あの頃の未来に 僕らは 立っているのかな?

というフレーズがありますね。私も好きな曲なのですが、これにはとても大切な意味が含まれていると思います。

何年か前に、数年後に『自分(達)はどうなっていたいか?』ということをイメージしましたか?
で、今その時の思いはどうなりましたか?

ということですよね。

これを成立させようと思うと、数年前にしっかりとイメージをしておく必要があります。

逆に言うと、しっかりとイメージしてもいないのに、そのようになる訳がないということでもあると思うんです。

これは、自分の体についても同じだと思うんです。

このブログで言うと

『チベット体操をして自分はどうなりたいのか?』

ということを、しっかりとイメージをしておくことがとても大切です。

ただ、チベット体操をするのではなくて、数年先の自分をしっかりと頭の中に描いて、それに向かって進むことです。

例えばお腹の周りをすっきりさせたいと思っているなら、息を吐く時にすっきしたお腹をイメージして、お腹を凹ませて、ここまでお腹が変化をするようにしようと試してみれば良いんです。

ヒップアップさせようと思ったら、同じようにしっかりとイメージして、息を吐きながら実際にお尻を持ち上げて(手で持ち上げるのではないんですよ)、半年後にはこうなるんだ と試してみれば良いんです。

毎日続けてみて下さい。半年したら、本当にそうなろうとしているのが解ります。

ですから、健康になりたいと思ったら、本気で健康になりたいと思うことだと思うんです。
若返りたいと思えば、本気で若返ろうと思うことだと思うんです。

それをしなければ、絶対にそうなりません。
これは、人の問題ではなくて、自分の問題です。

私は、『若返る』と信じて、本気でそうなろうとしています。

"チベット体操 未来に立っている"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: