チベット体操 お伝えするということ

ありがたいことに、12月7日(土)の東京でのチベット体操講座のお申し込みをいただいています。

私たちチベットクラブの講座は、『皆さんにお伝えする』というスタイルでずっとここまでやってきました。

それには理由があります。

なぜか?というと、私たちもチベット体操で若返りの道を歩いている途中だからです。

私は10年間毎日チベット体操を続けていますが、未だに『この体操で完璧だ!』と思うような体操はしたことがありません。それに、まだまだ私の体は変化をしているので、結果がわからないんです。

そのような状況で、受講をしていただく皆さんに『教える』ことは、今の私にはとてもできないというのが現状だと考えています。

ですから、チベット体操を毎日やってきて、「10年経ったらこうなりました」という途中経過と、その道のりの中で試みてきたことを皆さんにお伝えすることは『しても良いこと』だと思うんです。

それは、実際に自分の体で起きたことは真実ですので、それをお伝えすることは私たちでも可能だからです。

言い換えると、今試行錯誤しならがら体操をしており、まだ皆さんにお伝えできないようなこともあるんです。

決して、今のチベット体操が完成されたものではないということです。

有り難いことに、毎回フォロー講座を受講していただく方もいらっしゃいます。私が感じていることを、ご自宅の体操の中で同じように感じていただけているのだと思っています。

"チベット体操 お伝えするということ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: