チベット体操 自分でもどこまで変化をするのかわからない

私たちのやっている『チベット体操』は、まだ完成されたものではなくて途中なんです。だから、教えるのではなくてお伝えをしているんです。

という話は前に記事にしました。

何が途中なのか?というと、私が始めてからまだ11年しか経っておらず、体操も体も変化の途中で、最終的にどうなるかがわからないんです。

昨日書いた『楽な呼吸の仕方』も、その呼吸で体操をすると、体操をする時の感覚が違ってくるんです。

体は?というと、まだまだ変化が続いていて、お正月に買ったジーンズをはいた時の感じが違うんです。

例えば、太ももに「こんなに余裕あったっけ?」というような余裕が出てきたりしているんです。

引き締まるばかりではなくて、例えば胸の周りは少し筋肉がついたかな?みたいなことも感じています。

ただし、基本的に体操の回数は3回での体の変化となるので、時間はかなりゆっくりだと思います。

こんな状態ですから、やはり『教える』にはまだまだ時間が必要です。

ただ、この変化を『お伝えする』必要は十分あると思います。それを励みに体操を続けて下さる人も多いからです。

これからも、途中経過をお伝えしますので楽しみにしていて下さいね。

"チベット体操 自分でもどこまで変化をするのかわからない"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: