チベット体操 山を登る時どんな呼吸をしてますか?

山を登る時どんな呼吸をしてますか?

前の記事で、6月以降山ばかり登っていた…という話をしました。

でも、ただ山を何も考えずに登っていた訳ではありません。ずっと前に書いたと思うのですが、山を登る時の呼吸をいつもいつも観察をしながら登っていました。

山登りの時に皆さんはどんな呼吸で山を登りますか?

私は山を登るこ時にも『丹田呼吸』で登ります。

理由は一つ『疲れにくくて、回復が早い』 からです。

歩き始めはゆっくりな呼吸ですが、そのうちに傾斜がきつくなってくると呼吸も速くなりますね。
荷物を担いていると、少しの傾斜でもとてもきつくて、すぐに「はぁはぁ」と呼吸が短くなります。

私は、その呼吸に合わせて足を運びます。足に合わせて呼吸をするほど、道が整備されている訳ではありません。登山道を登っているのではないからです。

この丹田呼吸法での山のぼりの効果は、すぐに感じることができると思います。

休憩をする時には少しずつゆっくりな呼吸に戻っていきますが、大きな深い呼吸で息を整えてみてください。

不思議なことに、短い時間で呼吸が元に戻ります。
周りに誰かがいたら、その方の呼吸を観察してみて下さい。
きっと、まだ「はぁはぁ」と短い呼吸をしていると思います。

そして、思いの外疲れていない自分がいるのに気がつくと思います。


この丹田呼吸法での山のぼりは、チベット体操同様に やった人にしか解らない体の変化です。

もし、何かの機会に山登りをする時には、この記事を思い出してみて下さいね。

"チベット体操 山を登る時どんな呼吸をしてますか?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: