チベット体操 体の負担を減らす 何を着る?

チベット体操を始めて変わったのがジーンズの種類。

ストレート主流だったのが、ほぼスキニーに変わってしまった。

スキニーはピタッとしているので、中にはくインナーまで気をつけないと、ゴワゴワしたり、シルエットがしっかり出てしまいます。

だから、そこまで気を使うようになりました。

体が変わることで、着る物が変わり、それによってインナーまで気を使うようになった という一連の流れは、まさしくチベット体操効果そのものだと感じます。

しかし、その着るものが、ここ一二年でガラリと変わってしまった。

登山用のズボンばかり履くようになりました。ほとんどが細身のスキニーに似たような形を選んでいますが。

体が楽なんです。

スボンの形というようりも、生地が変わったと言った方が正解ですね。

この秋から冬にかけて挑戦しようと思っていることがあります。

レギンス(タイツ)です。

前の記事の写真は、お祭りの後にまちづくりの仲間と出かけた時の写真です。

講座では、毎回タイツを履いているので、何にも気にはならないのですが、街中には出たことがありませんでした(着替える時間がなくて昨年東京から二つ前の記事のタイツで帰っってきたことはありますが・・・)。

これも、体が楽なんです。

やや地味目のタイツですが(笑)、やっぱり上には何を着ようか?と考えなくてはいけなくて、友人に相談したこともあります(笑)。
地味かな?.jpg
体の負担を減らそうと、いつの間にか、食事に対する見方や考え方、体のほぐし方、そして着る服やズボンにまで気を使うようになっていました。

これは、チベット体操は体を変化させるという、表面的なことだけではなくて、長い間続けることによることによって、より深いところで自分の体、感じ方に静かに影響を与えているということなのかな?と感じています。

昭和三十三年生まれが、この秋から冬にかけてレギンスに挑戦しようとしているのは、「やっぱり、あいつちょっとおかしいぜ!」と思っている人もいるかもしれないですけどね(笑)。

"チベット体操 体の負担を減らす 何を着る?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: