チベット体操 火口を見下ろす

日本最高峰富士山剣ヶ峰の石碑から見下ろす火口は、とんでもなく荒々しい風景だ。
富士火口.jpg
湖の向こうにそびえる美しい富士山
雲海の上に頭を出した端麗な富士山

そんな富士山からは想像もつかないほど、人を寄せ付けない厳しさを持っていることに驚く。

しかし、もっと驚く事があった。

この雪の斜面を、スキーやスノボーで滑っている人たちがいる事だ。

そういえば、スキー板と靴を背負ってる登山者がいた。

この神域で滑ろうとする事自体が、すごいハートだと思えるが、この酸素の薄いところでスキーをしようとする体力のすごさにも驚かされる。

いつもの事だが、頂上でゆっくりしている時間はない。

登るのに時間がかかったということは、下るのにも時間がかかるということだ。

私はチベット体操で最高回数の21回には、約8ヶ月かけて到達した。

お正月を迎えてお酒を飲むこともあるので、段々と下げて15回くらいまで回数を落としたことを覚えている。

何度か調整をするに中で、思ってもみなかったことに直面するから、面白くなるんだよね

"チベット体操 火口を見下ろす"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。